1. HOMEHOME
  2. キッチンリフォームの基礎知識とリフォーム費用
  3. point2 キッチンの型と設置タイプの特徴~リフォームの秘訣

point2 キッチンの型と設置タイプの特徴~リフォームの秘訣

point02 キッチン選び

キッチンの型と設置タイプ
特徴とは

キッチンリフォームでは収納や導線以外に、キッチンの型や設置するタイプがあります。それぞれに、メリットとデメリットもあるので、特徴をおさえて適したキッチンを選ぶこともキッチンリフォームでは欠かせない要素です。
ここでは、リフォーム時にキッチンを選ぶ際のポイントを簡単にご紹介していきます。

キッチンは設置プランの特徴やメリットデメリットから適したプランを見極めよう!

キッチン設置の基本は【オープン】・【クローズド】・【セミオープン】

キッチンの設置方法にはいくつかの基本型があります。
大別すると【オープンタイプ】・【クローズドタイプ】・【セミオープンタイプ】の3つ。あなたにピッタリのタイプはどれでしょう。

■オープンタイプ

キッチン設置【オープンタイプ】

オープンタイプは、キッチンとダイニングに仕切りがありません。開放感があり、家族との会話を楽しむことが出来るといったメリットはありますが、キッチンが丸見えとなってしまうことから、汚れが目立ってしまったり、整理整頓に配慮しなければならないといったデメリットがあります。
また、油の臭いをはじめとする調理中の匂いや煙がダイニングやリビングに広がってしまう難点もあります。
そこで、オープンキッチンでは油や汚れがダイニングに拡がらないよう、排気能力に優れたレンジフードファンを選択することがポイントです。

よく来客を招いてパーティなどを開催されるご家族は、【オープンタイプ】がおすすめ。料理担当の方も料理をしながら交流できて楽しい空間になるでしょう。

■クローズドタイプ

キッチン設置【クローズタイプ】

クローズドタイプは独立型とも言われており、料理を重視したスタイルです。
オープンキッチンとは対照的に、キッチンが独立した閉ざされた空間になります。よって、他の部屋の様子が分かりにくいなどのデメリットがありますが、閉ざされた空間につき匂いや煙が他の部屋に移る心配がなく、臭いや煙がそれほど気にならないというメリットがあります。
また、レイアウトをキッチンの中で決めることができるので、調理に専念できる使い勝手の良い空間に仕上げることができます。
なお、吊り戸棚とキッチンの間の壁をオープンにして対面させたキッチンを【セミクローズドタイプ】とも呼ばれます。

とにかく、料理に専念されたい方におすすめのキッチン【クローズタイプ】です。

■セミオープンタイプ

キッチン設置【セミオープンタイプ】

セミオープンタイプは、半独立型とも呼ばれます。
キッチンとダイニングの間にカウンターなどの仕切りはありますが、適度に開口部を設けることで、ダイニングが見通せるようになります。開口部を設けることでダイニングとの一体化を実現させながら、オープンタイプに比べて水はねや匂いを防ぐことができたり、洗い場や調理台の手元を隠すことができたりと、最近の戸建住宅やマンションでも人気のタイプとなっています。

キッチンスペースは隠したい、けれど料理をしながら家族とコミュニケーションをとりたい、そんな適度な距離感を大切にされるご家族におすすめするのは、【セミオープンタイプ】のキッチンです。

それぞれの、メリット・デメリットと理解して、設置方法も賢く選択することをおすすめします。

形によって変わるキッチン。ライフスタイルに合わせて正しく選択しましょう。

キッチンの配置・レイアウトには様々な型があります。
選択する型によって、キッチンのイメージ・使用感は大きく違ってきます。キッチンの広さや使い勝手、ライフスタイルに合わせた配置・レイアウトを選ぶことが重要です。

■I型 キッチン

I型キッチン

「I字型キッチン」はシンク・調理台・コンロ台を横並びに配置するレイアウトです。最もシンプルで作業もはかどり、システムキッチンの本体価格もバリエーションに富んでいます。

■II型 キッチン

II型キッチン

「II字型キッチン」はキッチン台を2列に分け、平行に設置するレイアウトのキッチン。2人以上の作業も可能ですが、I型キッチンと比較すると大きな面積が必要です。

■L型 キッチン

L型キッチン

「L字型キッチン」は、文字通りL字型に配置するレイアウトのキッチン。ゆったりと作業をしたい方におすすめです。

■U型 キッチン

U型キッチン

「U字型キッチン」は「コ」の字型に配置するレイアウトのキッチン。機能的に優れていますが、II型キッチンと同じようにそれなりの面積が必要です。

■アイランド型 キッチン

アイランド型キッチン

「アイランド型キッチン」はキッチン台をダイニングのどこの壁にもつけずに設置するレイアウト。開放感あるキッチンになりますが、ワークトップの面積が広いことから、キッチン本体価格は高くなります。

形やプランによって、メリット・デメリットは様々です。
叶えたい要望に適した、キッチンと配置を選ぶことで、使い勝手も抜群で、居心地のいい空間を作り上げることが可能なはずです。

リノベーションに関するご相談・会社紹介はこちら

ここでは、キッチンに関する様々な情報を掲載!素敵にリフォームしたキッチンリフォーム事例も必見です!

  • キッチンリフォームのポイント

    point01

    キッチンリフォーム基礎

    キッチンは住まいのなかでもっとも心地よい空間にしたいもの・・・

    read more

  • キッチン事例01 リフォームで家事動線の改善!

    case01

    キッチンの動線改善!

    毎日、使うキッチンだからこそ、家事動線をリノベーションで解決したい...

    read more

  • キッチン事例02 開放的なLDKで家族の会話が弾むリノベーション

    case02

    会話が弾むキッチン

    家族が集まる場所だから、開放的な空間にしたい!広いLDKでキッチンを・・・。

    read more

  • 形から選ぶ快適キッチン

    point02

    形から選ぶキッチン

    キッチンリフォームでは収納や導線以外に、キッチンの形や設置する・・・

    read more

  • 住み継がれる快適な住まい

    case03

    住み継ぐ家・快適キッチン

    築40年の実家を子供たちの世代まで残し続けたいという思いから・・・

    read more

  • キッチンリフォーム費用の相場

    point03

    キッチンリフォーム費用

    キッチンリフォームで、気になってしまう「リフォーム工事費用」を徹底解説・・

    read more

  • 趣味を満喫する大空間の住まいキッチンリフォーム

    case04

    趣味のキッチンリフォーム

    奥様の趣味や家族の要望を反映させたキッチンや広々空間が光るこだわり事例・・

    read more

  • ガスキッチンとIHキッチンはどっちがお得?

    point04

    ガスとIHお得なのは?

    キッチンに欠かせない「コンロ」。ガスとIHでお得なのは・・・

    read more

  • キッチンリフォームはワークトップ選びも重要!

    point05

    ワークトップ選びも重要

    キッチンリフォームを検討する場合、ワークトップ(天板)選びも重要です。

    read more

  • マンションのキッチンリフォーム徹底解説

    point06

    マンションのポイント

    キッチンリフォームは間取りの工夫と設備機器の交換が重要です。

    read more

  • キッチンメーカー別の特徴

    point07

    キッチンメーカーの特徴

    主なキッチンメーカーの特徴を簡単にまとめました。

    read more