1. HOMEHOME
  2. キッチンリフォームの基礎知識とリフォーム費用
  3. point4 ガスコンロとIHのキッチンはどっちがお得?

point4 ガスコンロとIHのキッチンはどっちがお得?

point04 ガスとIHを比較

ガスコンロとIHのキッチン
どっちがお得?

調理するときに欠かせない「コンロ」。数多く使われているのはガスコンロですが、オール電化の普及にあわせ、IHクッキングヒーターを選択する方も増えています。
株式会社富士経済の調べによると、2010年度末のオール電化導入戸数は436万戸で全体の8~9%ですが、2011年度末は485万戸で約10%近くの普及率となっています。2011年の東日本大震災の影響によりオール電化住宅は普及率の伸び悩みがありましたが同社の調べによると2013年度には562万戸がオール電化を導入。
2025年度には1000万戸を上回ると予想されています。つまり、2025年度にはおおよそ5戸に1戸がオール電化住宅になる見通しです。

そんなオール電化住宅の普及により、ガスコンロではなく、オール電化リフォームを選ぶと必然的にIHクッキングヒーターを選ぶことになります。キッチンリフォームを計画している場合、ガスコンロを選ぶかIHクッキングヒーターを選ぶかで迷う方も多いようです。
また、ワークトップにはコンロやヒーターが何口あれば良いか、ワークトップの幅はどの程度の大きさが使いやすいか、お悩みの方も多いと思います。加えて、IHクッキングヒーターではおいしくない料理の代表格である【炒飯】をIHクッキングヒーターでガスコンロ並みの味にするコツまで。

ここでは、ガスコンロ、IHクッキングヒーターの特徴をご案内するとともに、コンロとヒーターのワークトップの口数についてもまとめました。
キッチンリフォームで迷われた際に、選ぶポイントとしてご紹介していきましょう。

ガスコンロは専用の調理器具は不要。IHに比べてランニングコストが抑えられる

IHは、何より火が出ないので、火傷やガス漏れなどの懸念がなく、安全性が高い

お手入れのしやすさなら、IHクッキングヒーターのキッチンが最適

料理を創意工夫して楽しみたい方は、ガスコンロのキッチンが快適

1.火を「使う」ガスコンロは、根強い人気!

ガスコンロは、火力でおいしい料理ができる??

ガスコンロはガスを熱源にして火をおこし、火加減を目で確認しながら調理する、昔ながらの調理器具です。
現在はIHクッキングヒーターの人気に押され気味ではありますが、火力の強さや火力の微調整がしやすいことからおいしい料理ができるとお考えの方が多く、根強い人気を誇っています。

火を使うガスコンロのメリット・デメリットは以下になります。

□メリット
・ほとんどの鍋・フライパンをはじめ、土鍋や中華鍋も使える。
・フライパンを振っても加熱ができて、部分的な加熱もできる。
・IHクッキングヒーターと比較して構造が複雑ではないことから、故障や破損が少ない。
・停電していても使える。プロパンガスを選ぶと災害にも強い。
・すべてのバーナーとグリルをフルパワーで同時に使える。
・ガスのグリルは庫内全体がすぐに暖まるので、短時間で経済的に焼き上がる。
・子供に火の使い方を教えることができる。
・作動中に不快な音が出ない。

□デメリット
・IHクッキングヒーターと比較して本体の掃除がしにくい。
・IHクッキングヒーターと比較して油汚れが飛散しやすい。
・調理時に暑くなる。
・IHクッキングヒーターより火力が弱い。
・光熱費が高めになる。
・火加減の微調整が難しい。
・火災の危険性がある。
・ガス漏れ、一酸化炭素中毒の恐れがある。
・IHクッキングヒーターと比較して寿命が短い。

2.火を「使わない」IHクッキングヒーター。安全面からも利便性も好評価!

IHは、安全面からも利便性も好評価!

火を使わないIHクッキングヒーターの「IH」とは、「Induction Heating」の略で電気加熱調理器の総称です。オール電化住宅の普及に伴って利便性や安全面への関心が高まっています。
火を使わないIHクッキングヒーターのメリット、デメリットは以下になります。

□メリット
・ワークトップ面が平面なので拭き掃除が簡単。
・ガスコンロと比較して油汚れの飛散が少ない。
・キッチンが暑くならない。
・ガスより熱効率が良いことから、火力が強く加熱が早い。
・ガス中毒の心配がない。
・電気を熱源とするため、周辺に火が燃え移る危険性が少ない。
・パネル表示で火力の表示がされるので、調理がしやすく失敗も少ない。
・電力会社の【オール電化プラン】を選べるので、光熱費を削減できる。
・ガスコンロと比較して寿命が長い。

□デメリット
・メーカーによってはグリル機能が付いていないタイプがある。
・火を使わないことから熱源が一目でわからないことから、熱いときにうっかり触ってしまう可能性がある。
・ヒーター面に調理器具が接触していないと熱が伝わらないので、フライパンや鍋を振ることができない。
・使える鍋、フライパンの種類が少なく、土鍋や中華鍋は使えない。
・最大消費電力の兼ね合いから、すべてのヒーターをフルパワーで使うことができず、ロースターとラジエントヒーターを同時に使うことができない。
・ガスのグリルと比較して庫内全体が暖まるまで時間がかかり、焼き上がるまで時間がかかり、光熱費も高くなる。
・停電時は使えない
・導入費用が高い ・作動中フライパンが振動して嫌な音(ビイィ~ン音)がでる場合がある。

それぞれに、メリット・デメリットがあるため、暮らし方に合わせて選択することをおすすめいたします。

ガスコンロとIHクッキングヒーターの相違点~調理器具編

火で直接調理器具を熱するガスコンロは、もちろん調理器具を選びません。
ただし、磁力線の働きで鍋自体を発熱させるIHクッキングヒーターは、電気を効率良く通す厚手の金属鍋・フライパンでないと鍋・フライパンが発熱しません。つまり、軽い鍋を使えるガスコンロと比較して、IHクッキングヒーターでは重い鍋やフライパンを使わざるおえないことから、鍋やフライパンを振るにはそもそも重すぎて無理があります。
そのような点でガスコンロは、調理器具を選ばず、大方の器具は使用できます。土鍋などもガスコンロでは、問題なく使用することができます。

ガスコンロとIHクッキングヒーターの相違点~料理の味は?

ガスコンロにできて、IHクッキングヒーターでできないことが、フライパンを振って調理すること。
ガスコンロは鍋底と鍋肌の温度差が少ないので材料を入れても鍋の温度が下がりにくく、一気に炒めることができます。調理器具の形や材質を選ばないことから、料理の幅を制限されることなく料理ができます。強火で調理をぱぱっと済ませたい等の時は、IHより効率よく調理できることも。料理が好きな方は比較的に、ガスコンロを選ばれる方が多いようです。
難点は、火加減の調整が難しいこと。正確性を求められる料理などは、徹底した管理が必要なため手間に感じることもあるかもしれません。

IHは、火加減の調整がガスコンロより簡単にできるため、正確性が必要な天ぷらや煮込み料理には最適。
ただし、調理器具の形や材質は選ぶため、それぞれの料理ごとで、プライパンや鍋を変える必要も出てくるため、そういった点では少し不便を感じる場合もあるでしょう。

<ちょっと豆知識>チャーハンとIHでおいしく作る方法

チャーハンの場合は、ガスコンロの方が、加熱された鍋肌を使用して、余分な水分や油分が蒸発・拡散してパラパラ感のあるおいしいチャーハンができます。
IHは鍋底しか暖まらないことから、鍋肌で加熱することはできないため、余分な水分や油分が蒸発し難い構造です。これが、IHクッキングヒーターでつくるチャーハンがボソボソ・べちょべちょになってしまう理由。
では、IHクッキングヒーターではおいしいチャーハンは期待できないのでしょうか?

油の量をガスコンロの半分以下に控え、冷蔵庫から出したばかりの冷たくでボソボソのごはんは使わず、あらかじめレンジで暖めたごはんでチャーハンをつくることが、ポイントです。
味はお好みで中華調味料を使ったりする方法がありますが、油を控え、暖かいごはんを炒め、ヘラでごはんをほぐして鍋底でバランスよく炒めるようにすれば、IHクッキングヒーターでもガスコンロなみのチャーハンをつくることができます。

ガスコンロが最適だけど、工夫次第でIHでもおいしいチャーハンは作れます!

選び方~コンロとヒーターの数と位置

コンロの数は、昔は2口が主流でしたが現在は3口タイプが人気です。
家族構成や使用頻度で選ぶことをおすすめします。2人分の食事をメインにつくられる場合は、2口もあれば十分でしょう。同居家族が多く、1回の食事でたくさんの料理をつくる場合は、3口以上あると便利です。オーダーメイドでコンロやヒーターの数を増やすことも可能ですが、費用がかかるので事前によく検討しましょう。

メーカーによっては様々ですが、ガスコンロ、IHクッキングヒーターともに、場所によって火力が異なる仕様が大半です。また、数によってワークトップの大きさも変わることから、キッチン全体のスペースを考えながら選ぶ必要があります。
ワークトップの大きさは、IHクッキングヒーター鍋・フライパンの配置場所の制約が大きいため、ガスコンロと比較すると使い勝手がワークトップ(天板)の大きさに影響をうける可能性が大きくなります。キッチンの間口が狭いときは600mmを選んだほうが、シンクとIHクッキングヒーターのワークトップ(天板)を広くとれます。
ただし750mmのほうが、加熱調理後に脇にお鍋をずらして置くことができます。大きな鍋同士を使ってもぶつからないこともメリットのひとつ。熱いお鍋をワークトップ(天板)に置くと、人造大理石では焦げたり割れたりすることが ありますし、ステンレスでも破れたりする場合がありますが、当然のことながら、熱い鍋を直置きできる作業効率の改善は大きなものがあります。

ガスコンロとIHクッキングヒーター光熱費はどちらがお得?

光熱費は、都市ガスが一番安く、LPガスと比べると電気が安い!

皆さんが一番気になる「光熱費」について比較してみましょう。
あくまで参考値ですので、選ぶ際にポイントとして参考までにご覧ください。

 ・IHクッキングヒーター 電気代 約28円/h
 ・都市ガス  ガス代 約9.29円/h *13A
 ・LPガス   ガス代 約32.18円/h

上記を参考にすると、都市ガスが断トツで光熱費は安く、IHクッキングヒーターは、LPと比べるとお得のようです。
ガスの方が安いと判断しがちですが、その他に、お手入れなどの面や、住宅自体の性能を向上した、オール電化住宅を選ばれる場合は、IHクッキングヒーターを選ぶ必要があります。
もちろん都市ガスでない地域にお住まいの方は、IHクッキングヒーターを選ばれた方が光熱費・日々のお手入れなどの時間も格段に改善されます!

どちらがお得なのかは、一長一短があります。
それぞれの、生活スタイルに合わせて、ガスコンロのキッチンにするか、IHクッキングヒーターのキッチンにするか選ぶと、快適なキッチン空間が実現するでしょう。

リノベーションに関するご相談・会社紹介はこちら

ここでは、キッチンに関する様々な情報を掲載!素敵にリフォームしたキッチンリフォーム事例も必見です!

  • キッチンリフォームのポイント

    point01

    キッチンリフォーム基礎

    キッチンは住まいのなかでもっとも心地よい空間にしたいもの・・・

    read more

  • キッチン事例01 リフォームで家事動線の改善!

    case01

    キッチンの動線改善!

    毎日、使うキッチンだからこそ、家事動線をリノベーションで解決したい...

    read more

  • キッチン事例02 開放的なLDKで家族の会話が弾むリノベーション

    case02

    会話が弾むキッチン

    家族が集まる場所だから、開放的な空間にしたい!広いLDKでキッチンを・・・。

    read more

  • 形から選ぶ快適キッチン

    point02

    形から選ぶキッチン

    キッチンリフォームでは収納や導線以外に、キッチンの形や設置する・・・

    read more

  • 住み継がれる快適な住まい

    case03

    住み継ぐ家・快適キッチン

    築40年の実家を子供たちの世代まで残し続けたいという思いから・・・

    read more

  • キッチンリフォーム費用の相場

    point03

    キッチンリフォーム費用

    キッチンリフォームで、気になってしまう「リフォーム工事費用」を徹底解説・・

    read more

  • 趣味を満喫する大空間の住まいキッチンリフォーム

    case04

    趣味のキッチンリフォーム

    奥様の趣味や家族の要望を反映させたキッチンや広々空間が光るこだわり事例・・

    read more

  • キッチンリフォームはワークトップ選びも重要!

    point05

    ワークトップ選びも重要

    キッチンリフォームを検討する場合、ワークトップ(天板)選びも重要です。

    read more

  • マンションのキッチンリフォーム徹底解説

    point06

    マンションのポイント

    キッチンリフォームは間取りの工夫と設備機器の交換が重要です。

    read more

  • キッチンメーカー別の特徴

    point07

    キッチンメーカーの特徴

    主なキッチンメーカーの特徴を簡単にまとめました。

    read more