1. HOMEHOME
  2. 増築のリノベーション事例一覧

増築のリノベーション事例一覧

\「増築リノベーション」の得意なリフォーム会社をまとめて比較できます!/

「部屋数が足りないから」「親世帯と子世帯で同居する」そんなときに、増築を考える方は多いのではないでしょうか。増築は、法令を守って工事することが重要なため、工事する会社も経験のある会社を選ばれることをおすすめいたします。ここでは、実際に増築した事例と、成功するポイントをご紹介します。

増築リノベーション リノベーションのポイント

増築リノベーションの魅力

「住宅の在り方」は時代とともに大きく変化しています。その昔、日当たりのいい場所に面して和室があり、親戚の集まりなどに活用されてきました。しかし、今では住む人の生活を重視した間取りが重視されています。また、小さい部屋をたくさんつくるよりは、広々した空間を好む傾向もみられますね。

住宅の間取りを見直すのを機に増築するケースも少なくありません。やはり、居住空間が広くなると、住む人の心にゆとりが生まれます。また、適度なプライバシーが保てるため、お互いに気兼ねなく暮らせることが期待できます。

また、増築部分や規模にもよりますが、完成までの期間が短いことも大きな魅力です。増築中の生活拠点も心配の種ですが、仮住まいを用意しないでそのまま住める場合もあります。

増築リノベーションはどんな人・家におすすめ?

家族の人数や年齢などに合わせて、住みやすい居住空間をつくることがリノベーションの目的の1つです。人生の節目には子どもの誕生や成長、独立があります。また、子どもの家族と同居することもでてきますね。親を呼び寄せて一緒に暮らすケースも増えています。このような人に、増築リノベーションはおすすめです。

また、自宅内で新たな仕事を始める、趣味の専用部屋を設けるなどでも増築リノベーションはおすすめです。居住空間とこれらの部屋を一つの建物で実現できるのはとても魅力があるでしょう。

増築リノベーションで注意したいこと

住宅を増築するときは、「建築基準法」の壁をクリアする必要性がでてきます。具体的には「建ぺい率」や「容積率」などがネックになります。また、自治体への「確認申請」の対象になるケースも多く、こちらも「建築基準法」が障壁になってきます。

既存部分も含めた構造計算なども必要になるため、増築の場合は坪単価が高くなることも知っておきましょう。さらに、耐震補強のために費用が掛かります。既存住宅との接合部分からの雨漏りなども心配ですね。

住宅を増築すると延床面積も増えますので、これまでよりも「固定資産税」が高くなります。また、光熱費などが余分に掛かる可能性もでてきますね。増築面積を抑えるのは難しいかもしれませんが、断熱材を取り入れることで冷暖房費の削減が期待できます。

このようなことから、増築するときは信頼できるリノベーション会社に依頼することをおすすめします。

\「増築リノベーション」の得意なリフォーム会社をまとめて比較できます!/

▲事例一覧へ戻る▲

増築リノベーションのポイント

「広々としたLDKにした!」などを理由に増築を検討される方も多いでしょう。しかし、単に広くするだけではないのが「増築」のポイント。住宅には様々な法的制限があります。「建ぺい率」「容積率」「北側斜線制限」などここにあげただけでも、非常に専門的なことが多く、増築を依頼する会社にもその経験とスキルを要します。まず正しい情報を知ることから始めましょう。ここでは、増築を成功させるためのポイントを専門家の意見を基にご紹介します!

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例