1. HOMEHOME
  2. 古民家再生のリノベーション事例一覧

古民家再生のリノベーション事例一覧

古きよき日本家屋をオシャレにリフォーム。自宅としてだけではなく、最近では店舗としても利用されるオーナー様が増えているようです。そんな古民家を再生させて素敵に暮らす実例を集めました。あなたの要望を叶えてくれるリフォーム会社を探してください。また、古民家再生のポイントもチェックいただけます。こちらからどうぞ。

古民家再生リフォーム リノベーションのポイント

古民家再生リノベーションの魅力

古いものでも美しいものや心が落ち着くものがたくさんあります。伝統的な日本の建築技法で建てられた古民家も、古くて素敵なものの一つではないでしょうか。しかし、古民家は部屋全体が暗い場合や、冬には寒いという欠点もあり、長く住むには少し躊躇してしまうかもしれません。そのような時はリノベーションを行えば断熱性や明るさが向上し、再び美しい古民家で暮らせるようになるはずです。現代人にとって暮らしにくい部分があれば、随所に新しい建築技法を取り入れると良いでしょう。新たに子供部屋を作ったり、バリアフリーにしたりできます。また、古民家の多くは風光明媚な場所に立っているので、家の中にいても外にいても素晴らしい空間を目にできるのは古民家に住む大きな魅力的ですね。

古民家再生リノベーションはどんな人・家におすすめ?

古民家をリノベーションした家は、化学物質アレルギーがある人や夏の暑さに耐えられない人に特にオススメです。シックハウス症候群と呼ばれる、建築材料に含まれる化学物質で体調を悪くしてしまう人は、現代建築の家に住むよりは天然材で造られている古民家に住んだ方が良いでしょう。また、古民家は風通しが良く、構造上夏に涼しい傾向があります。熱中症が気になる子供やお年寄りがいる家庭では、古民家に住むと涼しい夏を過ごせるかもしれません。

古民家再生リノベーションで注意したいこと

古民家は気密性が低く、夏は涼しいですが冬は寒い傾向にあります。冬が寒いからといって断熱性を高めすぎると、夏の涼しさという魅力が半減してしまいます。また、古民家の多くは個人の部屋がない場合があるので、家族の形に合わせた部屋数を整えるのも忘れてはいけません。コンセントの数なども少ない場合があるので、リノベーションをする時に同時に増やしておきましょう。一方で、あまりに手を加えすぎるのも古民家独特の雰囲気を壊してしまう可能性があります。あくまでベースは古民家で、使いづらい部分を中心に現代的リノベーションを施すほうが古民家のムードを残せます。

「古民家再生リフォーム」の得意なリフォーム会社を複数社ご紹介させていただきます!

▲事例一覧へ戻る▲

古民家再生リノベーション ポイント

太い梁や瓦葺きの屋根など、趣のある風合いが魅力の「古民家」。近年、古民家を改装し「古民家カフェ」も登場し、その古き良き時代の佇まいを好む方が増えているようです。古民家再生とは、日本の伝統的建築様式をできる限り生かしながら、現代に必要な機能をプラスし、再び人が住めるように生き返らせること。古民家を選ぶ際には、比較的に状態のいい古民家を選ぶ必要があります。また、現在ではあたり前の「高気密高断熱住宅」ではないため、最新の設備を入れる際に古民家の風合いを崩さない工夫が必要です。ここでは、そんな趣ある古民家を現代に蘇らせたリノベーション事例をご覧いただけます。

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例