1. HOMEHOME
  2. 減築のリノベーション事例一覧

減築のリノベーション事例一覧

「子供が巣立ったから減築したい」「年をとってきたため家のメンテナンスが大変になってきて」など、減築を考える理由は年齢と共に増えていきます。減築の一番のメリットは、維持管理のしやすさではないでしょうか。ここでは、そんな減築の事例を集めてみました。また、減築のポイントも公開しております。こちらからどうぞ。

減築リノベーション リノベーションのポイント

減築リノベーションの魅力

減築リノベーションの大きな魅力は、住んでいる人が管理しやすい居住空間を実現できることです。家が広すぎると日常の掃除が大変なだけでなく、目が行き届かないため防犯面でも心配ですね。しかし、減築することでそれらの問題が解消できるだけでなく、使う部屋が少なくなるため光熱費の節約にもつながります。

また、二階部分を減らすことで耐震面でも安心です。一階部分を減らして隣接する建物との間に余裕ができると、外からの出入りが楽になるほか、空いた空間の有効活用も可能になります。さらに、減築した部分から室内への採光を充実できるのもうれしいですね。

住宅を所有すると、延床面積に応じて固定資産税の支払い義務が生じます。ただし、減築により延床面積も少なくなるため、固定資産税の減額にも反映されます。

減築リノベーションはどんな人・家におすすめ?

住宅の購入や建築を検討するときは、住んでいる人を優先的に考えることが大切です。また、将来的な家族の増減を予想した間取りも必要ですね。

減築リノベーションは、子どもが独立して夫婦だけの生活になったときや、高齢者が一人暮らしを始めるときなどがおすすめです。また、身体機能の変化に対応してバリアフリー仕様にする機会にもなります。

築年数の経った家は、段差がある、部屋数が多いなど、いろいろと不便な面もでてきますが、仕切りを取り払って広い空間にすることで車イスでの移動も楽になります。

減築リノベーションで注意したいこと

これまでの居住空間を小さくすることで、日常の管理が楽になる、固定資産税などの費用も安くなるなどのメリットもでてきます。しかし、減築リノベーションには思わぬデメリットがあることも知っておきましょう。

やはり、大きな問題は住宅の構造面などへの影響です。仕切りや柱などを取り払うと部屋が広くなりますが、強度面での不安もでてきますね。また、部屋が広くなると冬場は寒くなるため、しっかり防寒対策をしないと光熱費が高くなります。台所の位置を変更する場合もよくありますが、換気や防臭対策が必要になりますね。

このような不具合を防ぐためには、リノベーションに取り掛かる前のプランニングが大切です。信頼できるリノベーション会社に依頼して専門家のアドバイスを受けながら、希望に合った住宅づくりを目指しましょう。

「減築リノベーション」の得意なリフォーム会社を複数社ご紹介させていただきます!

▲事例一覧へ戻る▲

減築リノベーションで快適な住まいを実現!

子供も巣立って広い家を減築したいと検討される方も多いのではないでしょうか。減築は面積を狭くするため、マイナスなイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし、年齢を重ね、4人が2人にと暮らす人が減っていく中で、使わない部屋を持て余す家があるのも事実です。その使われない部屋を維持するよりも、思い切って管理しやすくするため「減築」という選択肢もあるのです。何より家の維持管理費などメリットも豊富。耐震性を高めることも可能です。そんな「減築」に失敗しないために、減築を成功させるためのポイントをここでは、ご紹介します!

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例