1. HOMEHOME
  2. キッチンリフォームの基礎知識とリフォーム費用|総合情報サイト「ハウスネットギャラリー リノベーション」

キッチンリフォームの基礎知識とリフォーム費用

キッチンを生活の中心にされる女性も多いはず。キッチンから改めて住まいを観ると、より快適で素敵な空間になるはずです。今回は、そんなキッチンからはじまる住まいのつくり方についてご紹介します。キッチンのプロが教える、基礎知識や実際のリフォーム事例を参考に、あなたの「理想のキッチン」から「理想の住まい」を実現する方法を見つけてください。
各キッチンメーカーを比較した情報などキッチンリフォームにまつわる情報満載です!

さぁ、キッチンから住まいを観ると何が見えるのでしょうか。

  • キッチンリフォームのポイント

    point01

    キッチンリフォーム基礎

    キッチンは住まいのなかでもっとも心地よい空間にしたいもの・・・

    read more

  • キッチン事例01 リフォームで家事動線の改善!

    case01

    キッチンの動線改善!

    毎日、使うキッチンだからこそ、家事動線をリノベーションで解決したい...

    read more

  • キッチン事例02 開放的なLDKで家族の会話が弾むリノベーション

    case02

    会話が弾むキッチン

    家族が集まる場所だから、開放的な空間にしたい!広いLDKでキッチンを・・・。

    read more

  • 形から選ぶ快適キッチン

    point02

    形から選ぶキッチン

    キッチンリフォームでは収納や導線以外に、キッチンの形や設置する・・・

    read more

  • 住み継がれる快適な住まい

    case03

    住み継ぐ家・快適キッチン

    築40年の実家を子供たちの世代まで残し続けたいという思いから・・・

    read more

  • キッチンリフォーム費用の相場

    point03

    キッチンリフォーム費用

    キッチンリフォームで、気になってしまう「リフォーム工事費用」を徹底解説・・

    read more

  • 趣味を満喫する大空間の住まいキッチンリフォーム

    case04

    趣味のキッチンリフォーム

    奥様の趣味や家族の要望を反映させたキッチンや広々空間が光るこだわり事例・・

    read more

  • ガスキッチンとIHキッチンはどっちがお得?

    point04

    ガスとIHお得なのは?

    キッチンに欠かせない「コンロ」。ガスとIHでお得なのは・・・

    read more

  • キッチンリフォームはワークトップ選びも重要!

    point05

    ワークトップ選びも重要

    キッチンリフォームを検討する場合、ワークトップ(天板)選びも重要です。

    read more

  • マンションのキッチンリフォーム徹底解説

    point06

    マンションのポイント

    キッチンリフォームは間取りの工夫と設備機器の交換が重要です。

    read more

  • キッチンメーカー別の特徴

    point07

    キッチンメーカーの特徴

    主なキッチンメーカーの特徴を簡単にまとめました。

    read more

キッチンリフォームのきっかけ

一般的にキッチンの寿命は20年程度ですが、使い方やお手入れ具合で大きく変わります。まずは、キッチンリフォームの時期やタイミングを見極めるチェックポイントを解説します。

生活スタイルの変化に合わせて、リフォームを考えるタイミング

キッチンのトラブル出てきたら、リフォームを考えるタイミング

■生活スタイルの変化によって出てくる、キッチンへの要望

キッチンは食を通じて、人と人がつながる重要な場所です。
「家族と接する機会」、「健康にこだわり、長生きしたいと思う」など、キッチンは生活の基本となる充実感や幸福感を感じることができる場所です。ただ、キッチンや台所は、家庭内で最も作業の時間が長いスペース。
生活スタイルの変化を如実に感じる場所でもあります。
生活スタイルとキッチンの繋がり

・キッチン廻りの収納をなんとかしたい
昔は平気だった吊り戸棚。加齢とともに重い土鍋や鉄鍋など、いちど収納したら取り出す機会も減ってしまいます。また、料理の好みの変化はもちろん、子供の独立などの家族構成の変化で日々つくる料理が大きく変わってきます。料理がかわると、当然のことながら調理器具や食材、調味料に至るまで大きく変わりいままで、それほど不満ではなかった細々とした収納場所が使いにくい収納に変わってしまいます。

・料理が趣味
セカンドライフを満喫する中高年男性の間では、【男の料理】がひそかなブームです。
調理器具から食材、調味料まで徹底的にこだわるのが゛、趣味としての【男の料理】ですが、普段の料理で使う調理器具・食材・調味料とは別にしたほうが、パートナーの心理的負担はあきらかに減ります。

・子供の独立で家族構成が変わった
子供が独立すると、当然のことながら子供の食事を用意する必要はなくなります。あわせて、残された親世帯も、普段の食事の好みがかわることがあり、調理器具・食材・調味料が変わります。大きな冷凍冷蔵庫も必要ではなくなることが多く、夏に多い冷凍冷蔵庫の買い換えのタイミングで、一回り小さな容量の冷凍冷蔵庫に替えるパターンも多いようです。

・使い勝手を考えてオーダーしたい
普段使うひとの身長に合わないワークトップでは、腰や肩に負担がかかります。シンク・コンロの位置関係も普段から慣れ親しんだ配置でないと、調理中のストレスが募ります。大きな鍋はシンクのそばに収納しておかないと、水を張ってコンロに運ぶまでがひと苦労。

日々の小さな違和感が積み重なっていくと、やがて大きなストレスになってしまいます。ストレスは身体の変調という信号を発し、やがて家族らにとって取り返しのつかないことを招いてしまうかもしれません。
既製のキッチンが自分にはピッタリ合わない、と感じたら、オーダーキッチンを検討してみましょう。

・車いすの生活になった
現在は、車いす生活だからといって施設で手厚い介護を受けられるわけではありません。既製品なのに、車いすでも普段通り料理ができるキッチンもあります。

■キッチンの様々なトラブル

キッチンのトラブルはSOS

・ビルドインコンロ、IHクッキングヒーターの故障、不具合(点火しない・電源が入らない・操作部のエラー表示)
一般的に、ガスコンロは10年程度で寿命を迎えます。ガスコンロは、バーナー中心部分にある温度センサーの経年劣化や破損で使えなくなることが大半ですが、補修用性能部品のメーカー保有期間(7年程度)が過ぎると修理ができなくなります。もちろん、ガスコンロのみ交換もできますが、他の部分も同じように経年劣化したり、傷や汚れが取れなくなったりしている場合が大半です。IHクッキングヒーターはガスコンロよりも耐久性はありますが、ガスコンロと同様、補修用性能部品のメーカー保有期間が過ぎると、修理ができなくなる場合があります。

・ビルドイン食洗器などの故障・不具合(エラー表示)
スライドオープンタイプのビルドイン食洗機では、洗浄・排水ポンプ、乾燥ファンモーター、電装ユニット、ヒーター。フロントオープンタイプ及び一部スライドオープンタイプでは、洗浄ポンプ、排水ポンプ、乾燥ファンモーター、電装ユニット、ヒーターを点検の結果で必要となる「整備用部品」として製造終了後11年間保存しています。
ただし、期間を過ぎると保有していない場合があります。また長期間使用した機器について、経年劣化による重大事故を防止するため、補修用性能部品を使用した修理が断られる場合もあり、この場合は修理不能と判定された段階で寿命となります。

・レンジフードファンや換気扇の故障・不具合(吸い込みが悪くなった、など)
コンロや食洗機と違い、レンジフードファンや換気扇は不具合が起きても重大事故が発生する可能性は少ないですが、補修用性能部品のメーカー保有期間(7年程度)が過ぎると修理ができなくなります。

・排水口の臭いや詰まり、しつこいヌメり
いくらこまめに掃除していても、食器や炒め物をしたときの少量の油が蓄積して、排水口を詰まらせたりしている場合があります。そうなると、油汚れで詰まりぎみの排水口に生ゴミなどが詰まり、さらにひどい臭いや詰まりの原因となります。

・排水口の臭いや詰まり、しつこいヌメり
いくらこまめに掃除していても、食器や炒め物をしたときの少量の油が蓄積して、排水口を詰まらせたりしている場合があります。そうなると、油汚れで詰まりぎみの排水口に生ゴミなどが詰まり、さらにひどい臭いや詰まりの原因となります。

・シンク下からの水漏れ、臭い、カビ
シンク下には排水口と排水ホースがありますが、ちょっとしたことで排水口と排水ホースにすきまが空いてしまうことがあります。すきまがあくと、そこから下水の臭いがしてきます。

・蛇口(水栓金物)からの水漏れ
機能性に優れた水道の蛇口(水栓金物)に水漏れなどの不具合が発生するのは、短くて5年程度。お使いの水栓が「単水栓」か「2ハンドル混合栓」であれば、ほとんどの修理がご自身でできます。ただし、「シングルレバー混合栓」や「サーモスタット混合栓」は構造が複雑なので、内部まで触らないようにしましょう。

・頑固な油汚れやカビがとれない
炒め物や揚げ物の後でいくらマメに掃除していても、時間の経過とともに頑固な油汚れがこびりついてしまったり、目の届かないところにカビが発生したりする場合があります。カビについては、内部に菌糸が入り込んでしまうと、拭き掃除で完全に取り除くことは不可能といっても差し支えないでしょう。衛生面を考えると、カビが生えた部分をすべて交換するという考え方も出てきます。

・キッチン本体や周囲の床が腐り始めた
シンク廻りなどの水がかかる部分は、こまめに水分を拭き取っていても、長い期間を経ることで濡れている部分が腐食していく可能性があります。キッチン本体のシンク下も腐食する可能性が高い場所です。

変化するキッチンの用途

キッチンリフォームを考えはじめた方は、いちど専門家に相談されることも、失敗しないためには必要なことです。こちらでは、あなたのご計画に合わせて、最適なリフォーム会社をご紹介しております。お問合せはお気軽にどうぞ。

リノベーションに関するご相談・会社紹介はこちら