1. HOMEHOME
  2. キッチンリフォームの基礎知識とリフォーム費用
  3. point1 キッチンリフォーム4つのポイント

point1 キッチンリフォーム4つのポイント

case01 基礎知識

キッチンリフォーム
4つのポイント

毎日使うキッチンだからこそ、住まいのなかでもっとも心地よい空間にしたいものです。そんな居心地のよい空間にするポイントは、【導線】・【収納】・【保管】・【高さ】の4つです。
キッチンを居心地のいい空間にリノベーション

普段の作業の流れにそって、キッチン導線を考えるのがGOOD!

日々の家事導線に沿って必要な場所に必要な器具と必要な食材が置かれている、使い勝手の良いキッチンにするだけで、毎日楽しく過ごせるようになります。
キッチンのレイアウト、デザイン、ワークトップ、調理家電、そして収納にはそれぞれ好みがありますが、キッチンリフォームにおける最大のポイントは「導線設計」。
家族構成や、ライフスタイルなどをしっかり考慮して、その内容に即した作業効率を踏まえた導線設計を考える事で、ほんとうに使いやすいキッチンになります。

■調理の流れを考えて、順番ごとに配置しましょう。
右利きの場合 冷蔵庫(食材出す) → シンク(洗う) → 調理台(刻む) → コンロ(加熱)
左利きの場合 コンロ(加熱) ← 調理台(刻む) ← シンク(洗う)← 冷蔵庫(食材出す)
さらに、準備が終わって配膳、その後片付けて初期などは食器棚に戻す動作が一連の流れとなります。ダイニングや食器棚との動作の流れも含めて考えると、より使い勝手のいいキッチンスペースになります。 

調理順に合わせた基本的な場所

食材はもちろん、調理器具やカトラリー、調味料の配置まで考えた収納

キッチン収納のポイントは、十分な収納の確保です。キッチンに隣接したパントリー(食品庫)を確保できると、キッチンの導線や収納力は格段に良くなりますが、マンションや狭小住宅のキッチンでは限られたスペースに沢山の食材ストックや調味料、調理家電などを配置しなくてはならず、どうしても雑多な雰囲気になりがちです。
そこで、システムキッチンの収納だけではなく、キッチン背面などのスペースも活用してパントリースペースを設けたり、調理家電で雑多にならないような配慮が必要です。

■キッチン収納は、調理道具や収納場所によって、使い分けること

キッチンには、食材はもちろん、食用油や醤油などの瓶・ペットボトルからスバイスに至る小さな瓶入りの調味料、大きな鍋からお玉やしゃもじといった調理器具、炊飯器やオーブンに代表される数々の調理家電、そして、大きな冷凍冷蔵庫に至るまで、種類も大きさも違う多種多様なものが多く集まっています。
キッチンの収納は使用する収納器具や、ちょっとした工夫で使い勝手が大きく変わります。
ここでは基本的なキッチン収納の種類、それぞれの収納にはどんな特徴があるのか紹介しています。

<シンク下は、器具を使う場所に合わせて収納しましょう>

シンク下はボウルやザルなど、水を使うものを収納しましょう。各種のキッチン用具は、調理中に手を伸ばしたところに配置されていることが大切。その他キッチン用具の配置にも十分気を使いましょう。
たとえば、大きな鍋はシンクの下、フライパンはコンロの近く、キッチンばさみや計量スプーンといった調理中に使う道具は調理台の下、鍋や調味料など加熱に使うものはレンジの下やコンロ下に収納するなど、調理の導線に沿って使いやすい場所に配置することが大切です。

<収納は、「引き出し」にすると取り出しやすく、整理しやすい>

奥行きのあるキッチンでは引き出し収納がお勧めです。
調理台の下はもちろん、シンク下、コンロ下を引き出しにすると、奥までたっぷり使えてラクに出し入れできるので機能的です。

<吊戸棚の取り付け位置 目の高さから10~15cmほど上が1番下が来るように設置すると便利>

収納力がある吊り戸棚ですが、設置する高さには注意が必要です。
たとえ、使いやすい高さだとしても頭が当たってしまうようでは邪魔になってしまいますし、頭が当たらないような高さにすると手が届かなかったりしてしまいがち。そこで、使い勝手が良くなるような位置に設置することが求められます。
高さの目安として、目の高さから10~15センチほど上を吊り戸棚の下端に合わせ、高さを70センチ程度にするのが、もっとも使い勝手が良い高さのようです。
また、一般的な両開き戸式(観音開き)の吊り戸棚より、引き戸やフラップ形式の吊り戸棚が開いた扉が頭に当たる心配もなく、使い勝手も良くなります。

<壁面を上手に活用して>

収納力がある吊り戸棚ですが、設置する高さには注意が必要です。
たとえ、使いやすい高さだとしても頭が当たってしまうようでは邪魔になってしまいますし、頭が当たらないような高さにすると手が届かなかったりしてしまいがち。そこで、使い勝手が良くなるような位置に設置することが求められます。
高さの目安として、目の高さから10~15センチほど上を吊り戸棚の下端に合わせ、高さを70センチ程度にするのが、もっとも使い勝手が良い高さのようです。
また、一般的な両開き戸式(観音開き)の吊り戸棚より、引き戸やフラップ形式の吊り戸棚が開いた扉が頭に当たる心配もなく、使い勝手も良くなります。

キッチン収納は、必要な所に必要なモノを配置することがポイント

収納とあわせて、ゴミの保管スペースもしっかり確保

キッチンをリフォームするとき、毎日のように出る生ゴミや容器包装ゴミ、瓶や缶などの資源ゴミを毎週のゴミ集配まで保管するするスペース。緻密な導線設計を考えた使い勝手の良いキッチンにリフォームできたとしても、ゴミ袋やごみ箱が導線を妨げてしまうようでは意味がありません。
ゴミ箱の配置は、下ごしらえをするシンク廻り。タテに重ねたり、食器棚に組み込んだり、センスの良い「魅せるゴミ箱」にしてみたり、空間に余裕があれば、ゴミ箱を外に置く方法もあります。
※雨の日のゴミ出しに負担がかからないよう庇をつけたり、猫やカラスに荒らされないような配慮を忘れずに。

自分の好みと身長にあわせたキッチンの高さを把握しましょう。

腰痛などが起こらないよう、自然な姿勢で作業ができるキッチンの高さが基本です。
ただし、高齢になると少し前かがみの姿勢になりやすいので、ワークトップの高さは低めが合う場合もあります。

高さは、キッチンを選ぶ際にもよく確認しておきましょう。
選ぶ際は見た目のデザインだけではなく、「ワークトップ」「シンク」「コンロ」の3点をバランスよく考える必要があります。ワークトップの高さを身体の大きさに合わせても、鍋やフライパンを扱う際に高すぎるという事もあります。逆に、洗い物の際のシンクの低さが原因で腰痛などのトラブルに見舞われる方も。
ショールームでキッチンを選ぶときには、普段使うスリッパに履き替え。ショールーム側で対応いただける場合は、普段使うまな板や包丁、そして、普段使いの鍋を持ち込んで、納得いくまで試してみましょう。

■キッチンの高さを身長から割り出す方法

・キッチンのワークトップの高さを、身長から割り出す方法
身長を2で割って、5cmプラスします。 つまり、身長160cmの方のキッチンは85cmがちょうどいいとこになります。 ただし、普段キッチンでスリッパをはいているという方は、身長にスリッパの厚みも足して考えたほうがよいです。

・キッチンの高さを肘の下の長さで割り出す方法
最近では肘下の長さを参考にキッチンの高さを割り出す方法がより良いという見解もあります。手の長さなどを考慮して高さを割り出す方法です。軽く肘を曲げて立った姿勢で、床から肘の下までの高さを測ります。そこから、14cm引いた高さがキッチンの高さとして最適です。

■シンクの深さからキッチンの高さを考えると…?

キッチンのワークトップの高さよりも低い位置での作業になるシンクでの水仕事にあわせる考え方もあります。システムキッチンのシンクの深さは、20cm前後が主流。深さの目安はシンクの底に自然に指が届く程度が良いでしょう。シンクが低すぎると、腰痛の原因になります。

■キッチンのガス台やIHクッキングヒーターの高さ

コンロがガスなのか、IHクッキングヒーターか。
コンロの選択でも最適なキッチン高さが変わってきますシステムキッチンのガスコンロの高さは、ワークトップの高さにゴトクのある分高くなります。そこから鍋の高さを足すことになるので、ワークトップの高さも考えた方がいいかもしれません。

最近では、システムキッチンのワークトップとゴトクの高さを合わせるため、ワークトップよりもゴトクの厚みだけ下げて、ワークトップと高さを揃えたビルトインコンロが登場しています。ワークトップと高さの揃ったビルトインコンロだとIHクッキングヒーターのように鍋などの移動がラクにできます。また、鍋を真上からのぞいて様子を見たい時も、ゴトクの高さを考えなくて良いので、とても便利です。

 →「キッチンを選ぶ際のポイント」はこちらをご覧ください

ここでは、キッチンに関する様々な情報を掲載!素敵にリフォームしたキッチンリフォーム事例も必見です!

  • キッチン事例01 リフォームで家事動線の改善!

    case01

    キッチンの動線改善!

    毎日、使うキッチンだからこそ、家事動線をリノベーションで解決したい...

    read more

  • キッチン事例02 開放的なLDKで家族の会話が弾むリノベーション

    case02

    会話が弾むキッチン

    家族が集まる場所だから、開放的な空間にしたい!広いLDKでキッチンを・・・。

    read more

  • 形から選ぶ快適キッチン

    point02

    形から選ぶキッチン

    キッチンリフォームでは収納や導線以外に、キッチンの形や設置する・・・

    read more

  • 住み継がれる快適な住まい

    case03

    住み継ぐ家・快適キッチン

    築40年の実家を子供たちの世代まで残し続けたいという思いから・・・

    read more

  • キッチンリフォーム費用の相場

    point03

    キッチンリフォーム費用

    キッチンリフォームで、気になってしまう「リフォーム工事費用」を徹底解説・・

    read more

  • 趣味を満喫する大空間の住まいキッチンリフォーム

    case04

    趣味のキッチンリフォーム

    奥様の趣味や家族の要望を反映させたキッチンや広々空間が光るこだわり事例・・

    read more

  • ガスキッチンとIHキッチンはどっちがお得?

    point04

    ガスとIHお得なのは?

    キッチンに欠かせない「コンロ」。ガスとIHでお得なのは・・・

    read more

  • キッチンリフォームはワークトップ選びも重要!

    point05

    ワークトップ選びも重要

    キッチンリフォームを検討する場合、ワークトップ(天板)選びも重要です。

    read more

  • マンションのキッチンリフォーム徹底解説

    point06

    マンションのポイント

    キッチンリフォームは間取りの工夫と設備機器の交換が重要です。

    read more

  • キッチンメーカー別の特徴

    point07

    キッチンメーカーの特徴

    主なキッチンメーカーの特徴を簡単にまとめました。

    read more

リノベーションに関するご相談・会社紹介はこちら