1. HOMEHOME
  2. キッチンリフォームの基礎知識とリフォーム費用
  3. point7 キッチンメーカー別の特徴

point7 キッチンメーカー別の特徴

point7 キッチンメーカー比較

キッチンメーカー別の特徴

■システムキッチンとオーダーキッチンの違い

システムキッチンとは

キッチンメーカーが開発した部材(ユニット)をそれぞれパーツとして組み合わせ、一体のキッチンとなるように組み合わせたキッチンです。
シンク(流し)、シンク下収納、ワークトッブ、扉材、食洗機、レンジ、収納ユニット、レンジフードファン、水栓金物などを組み合わせて1つのキッチンを作ります。
たくさんの種類のユニットを組み合わせることで多種多様なキッチンプランができますが、基本的に既製パーツの組み合わせにつき、いろいろ制限もでてきます。あわせて、メーカーが指定した器具や機器しか組み合わせることができないことから輸入の食洗機やデザイン性の高い蛇口の組み合わせが難しい場合があります。
収納についてはキッチンメーカーでしっかり検討されることから、キッチン空間を隅々まで活用した収納量をはじめ、主婦の声をもとに開発された便利な機能、調理器具や食材の取り出しやすさを追求したものもあります。

オーダーキッチンとは

オーダーキッチンとは、システムキッチンと違い、扉材やワークトップなどを、あらゆる素材から自由に選ぶことができます。
同様に、水栓金物から引き出しの取ってから、コンロ、レンジ、レンドフードファンに至るまで、いろいろな金物、金具、設備機器を自由に選ぶことができます。したがって、住まい手の好みで、ありとあらゆる組み合わせができるほか、身長や設置場所の状況にあわせ、ミリ単位での指定ができます。もちろん、照明器具の組み込みといったデザインの自由性があることが、オーダーキッチンの魅力です。
デメリットとして、オーダーキッチンは豊富な選択肢やバラエティに富むデザインゆえ、プランの検討とキッチン制作に時間と費用がかかります。

ここでは、主なキッチンメーカーの特徴を簡単にまとめていきます。ぜひ、キッチン選びの参考にご覧ください。

TOTO 日々のお手入れも楽なのが人気の秘訣!

TOTO 『クラッソ』
参照:http://www.toto.co.jp/products/kitchen/crasso/

TOTOのシステムキッチンは、日々のお手入れがしやすいことが最大の特徴。シンクや換気扇部分の鉄板も継ぎ目の無い構造になっていることから、お手入れしやすくふき取るだけという商品が多いので、常に衛生的。
1981年からシステムキッチンに参入する人気のメーカー。2010年には新たに「クラッソ」というシリーズを開始。このクラッソの特徴は、「お手入れのしやすい水の流れ」と「ムダのない作業の流れ」をカタチにした商品です。

『クラッソ』のポイント

シンクはお掃除のしやすさと調理のしやすさを考えたデザインで非常に人気な「水ほうき水栓」、「滑り台シンク」。また換気扇のお手入れの簡素化にはじめに取り組んだのもTOTOとのこと。その換気扇は、【ゼロフィルターフード】という商品です。フィルターなしで、整流パネルやオイルパックもふき取るだけでOK。レンジフードも凹凸がすくないのでふきやすい形状。ファンも簡単に着脱できるので、お手入れも簡単とのことです。

TOTOキッチンポイント
参照:http://www.toto.co.jp/products/kitchen/crasso/  「水ほうき水栓」など

LIXIL(リクシル) らくにパッと取り出せてしまえる収納が人気!

LIXIL 収納が人気!
参照:http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/

旧サンウェーブ工業の時代から、キッチンの引き出しや収納のひとつひとつにに特徴を持っています。調理器具の出し入れなどといった、日々の使い勝手にこだわったラインナップが充実しているほか、品質や価格、デザインなどのバランスがいいのも特徴のひとつです。また、ものの出し入れが自由な引き出し収納も人気の理由です。

・人気!出し入れ自由な引き出し収納 【らくパッと収納】
斜めに開く扉が特徴。この構造が引き出しを開ける際の力を軽減してくれます。斜め開きなので、開口部が広がり道具の取り出しがスムーズに行えます。

LIXIL 『リシェルSI』のポイント

なんといっても、ワークトップの素材にこだわっているのが特徴。耐熱性と耐久性を兼ね備えた、セラミック製はインテリアとしても一役買ってくれる商品です。熱やキズ、汚れに優れたセラミック。高温のフライパンを直接おいても変色・変形はないとのこと。(安全性を考えて鍋敷きの使用はおすすめいたします。)また上記で紹介した【らくパッと収納】は、リシェルだけに付けることのできる収納です。収納の構造以外に、引き出しの取手にもこだわりが見られます。指のかかり具合を計算された取手も16種類のデザインから選べるため扉カラーとのコーディネートを楽しめるのではないでしょうか。LIXILの中でも最もハイグレードな商品です。

LIXIL 『らくパッと収納』
参照:http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/  「らくパッと収納」など

Panasonic(パナソニック) 家電メーカーならでは機能性が人気!

>Panasonic(パナソニック) 機能性が大人気!
参照:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/

スタイリッシュで高い機能性を持つなデザインが特徴です。収納が大きく掃除も楽、しかも、家電メーカーならではのこだわりで省エネにもこだわったつくりです。

・機能面での選択が他社より豊富
特にレンジフードは豊富な種類から選ぶことが可能です。中でも注目は、10年間ファンのお掃除不要という画期的な全自動おそうじファン付【ほっとくリーンフード】を発売。こちらは、単品での販売はしておりません。必要だと思われたら、パナソニックのキッチンを使用してくださいね。

全自動おそうじファン付【ほっとくリーンフード】

電源をオフにすると、勝手に油汚れなどを吹き飛ばす動作を行い、ラクウォッシュプレート(油捕集板)に集めるそうです。さらにそのラクウォッシュプレートのお手入れも非常に簡単。年に1回、食洗器(食器洗い乾燥機)へ入れるだけ。さすがはパナソニック。家電メーカーとしての機能を存分に発揮した商品といえるでしょう。

節電や節水にも技術を搭載!

パナソニック独自の節電システム『エコナビ』。電気の無駄を自動で制御して簡単に節電ができる便利なシステム。調理状況や温度などに合わせて、喚起風量を自動で切り替える「さっとれるフード」など、自動化が一番進んでいるキッチンであることは間違いないでしょう。

もちろん機能面だけではなく、お手入れをらくにするための工夫もしっかりされています。

Panasonic 『ほっとくリーンフード』
参照:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/ 「ほっとくリーンフード」など

クリナップ ステンレスキッチンを家庭に普及させた有名キッチンメーカー!

>クリナップ 有名キッチンメーカー
参照:https://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/

誰もが知っているであろうシステムキッチンの有名メーカーのクリナップ。
特にステンレスキッチンに力を入れています。オールステンレス製なので<掃除しやすい><汚れに強い><丈夫で長持ち>なことが特徴です。プロの料理人が厨房で使う業務用キッチンもオールステンレスであることが何よりの証拠。強く、清潔で汚れも付きにくいステンレスキッチン。そんなクリナップの人気商品は【クリンレディ】

【クリンレディ】

名前の如くとにかく清潔で、毎日キレイなキッチンを理想とされている方にはもってこいのキッチンです。

・お手入れが非常に簡単!
「流レールシンク」と「とってもクリン排水口」はシンク一体形でお掃除もスムーズ。ゴミを受け止めるクリン網カゴもステンレスです。さらにコーティングもしっかりしているため、汚れも付きにくく落としやすいのがポイント。引き出し類も全て、ステンレスなので、サッと拭くだけ。ニオイが染み込みにくいのも衛生的です。

・ほしいものが取りやすい【うきうきポケット】
さらにキッチンメーカーであるだけに、収納面も非常に効果的です。どの位置に何を収納するかもしっかり計算された引き出が特徴。特に、引き出しを開けると手前側のポケットが浮き上がってくる、取り出しやすく片付けやすい「うきうきポケット」。さらに、【ステップボックス】という片側に内引き出しを設置、スペースを3つに分割できるので、収納量も豊富です。

クリナップ 『うきうきポケット』
参照:https://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/ 「うきうきポケット」など

タカラスタンダード 高品質のホーローを贅沢に使ったキッチンが人気!

>タカラスタンダード 高品質のホーローが人気のキッチン
参照:http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/index.html

高品質のホーローを扉や壁面に利用していることから、ホーローならではの光沢と素材感が特徴的なキッチンメーカーです。金属素材の表面にガラス質の釉薬を高温で焼き付けているので、強度があって熱伝導がいい金属の良さと、耐食性や光沢の美しさと言ったガラスの良さが組み合わさっているので、毎日使うキッチンの表面に傷がつきにくく、耐久性の高い素材です。

カスタマイズが自由!

自分の体形や好みに合わせてカスタマイズが多岐にわたってできるのもタカラスタンダードのキッチンの魅力。カウンターの高さ、調理台の広さ、さらに引き出しの広さも変えることができます。使う人に合わせてた細部にわたるカスタマイズで、使い勝手のいいキッチンを選ぶことができます。

料理のしやすさを追求【家事らくシンク】

タカラスタンダードのキッチンは、シンクが特徴的です。高さの違う3層にの立体的なシンクで「洗う」+「調理する」+「片付ける」がシンクの上で全て完結します。水切り台にまな板などを置いて、食材を切るなど様々な使用方法ができます。従来は、ワークトップ上で行っていた作業をシンクの上で行えるため、調理スペースが格段に広がって、毎日の料理も楽しくなること間違いなしです。

タカラスタンダード【家事らくシンク】
参照:http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/index.html 「家事らくシンク」など

トクラス ワークトップが散らからない片付け上手なキッチン

>トクラス ワークトップが散らからない片付け上手なキッチン
参照:http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/index.html

販売から40年以上になる国産初の人造大理石カウンターキッチンで有名にトクラス。(旧ヤマハリビングテック株式会社)人造大理石にこだわったスタイリッシュなキッチンメーカーです。品質の高い人造大理石で厚みがあるキッチンは、衝撃や熱や汚れに強いのが特徴です。調味料はもちろん、落ちにくい汚れの代表であるカレーや紅茶など、染み込みにくい素材。油汚れなどは、中世洗剤ですっきり。カウンターの奥やシンクとのつなぎ目、排水部分まで、隙間や段差がないのでお手入れもしやすいです。

ワークトップをくまなく使える工夫がうれしい

ワークトップに物が散らからなハンガーアイテムがポイント。水切りかごもハンガーラックとして浮かせるので、場所を取りません。ペットボトルや牛乳パックの水切りもハンガーラックへ、調味料などもそのハンガーラックへ収納できるので、ワークトップが常に作業スペースとして、存分に使えるのが人気の秘訣。

扉のカラーバリエーションが114色から選べる!

扉は、職人が1つ1つ丁寧に塗装していくため、温度や湿度の変化が激しいキッチン空間でも品質が長く続き美しさが保たれるのがポイント。カラーバリエーションお多いのも、こだわれるので人気の秘訣です。

くまなく使う!カウンタートップ
参照:http://www.toclas.co.jp/kitchen/berry/yes_berry/11.html くまなく使う!カウンタートップ

トーヨーキッチン&リビング シンクを自由自在に操るキッチン

デザイン性の高いキッチンメーカーです。特許を取得しているオリジナル仕様の「3Dシンク」はキッチンの使い勝手を格段にアップさせたのは間違いないでしょう。他のキッチンメーカと比べると本体価格が高めで取扱い店舗は少ないですが、トーヨーキッチンのキッチン以外に考えられない、という指名買いが入るほどのブランド力を持ち合わせているキッチンメーカーです。

3Dシンクとは

 シンク上面・・・ 調理台が延長できる。シンクで調理ができるので使いやすいと人気
 シンク中面・・・ 水切りなどに最適な台をつくることができる
 シンク底面・・・ 洗いものや汚れものは通常通り底において片付けられる

ステンレスにもこだわり

強靱な耐久性と堅牢性を誇ると同時に、自然石などに比べ、適度な柔軟性で衝撃を吸収する素材です。抗菌性にも優れ、においやシミなども付きにくく、衛生面でも高い効果があります。

驚きの発想!「3Dシンク」
参照:http://www.toyokitchen.co.jp/ja/collection/kitchen/function/3d_sink.html 驚きの発想!「3Dシンク」

ハウステック 収納力が魅力的なキッチン

ハウステック 収納力が魅力的なキッチン
参照:http://www.housetec.co.jp/products/kitchen/index.html

コストパフォーマンスが高いといわれるハウステックのキッチン。1960年代に食洗器(食器洗い乾燥機)を組み込んだシステムキッチンを業界初で製造開始しました。現在はヤマダ電機グループであることから、全国のヤマダ電機の店舗にも展示されています。調理家電のカラーバリエーションと同様、キッチンのカラーバリエーションも豊富なうえ、収容力も高いのが特徴です。現在は、システムキッチンの他に、コンパクトキッチン・ミニキッチンの3カテゴリーで展開中。

人気のシステムキッチンは【カナリエ】

何よりの特徴は、大容量の収納。デッドスペースを有効的に使う『どこでもパレット』。引き出しとしても使え、棚板の位置も変えられる、これまでにない便利な収納。一升瓶までしまえる容量も魅力的。細部にわたる気遣いが収納量を増やす工夫です。引き出し内にレードルなどをつり下げて収納できる「レードルフック」も非常に便利。 またこの【カナリエ】にはワークフロントやワイドカウンターに、2口コンセント(合計1200W)を付けるなど、ちょっとした時に役立つ工夫も満載。

デッドスペースも収納に!「どこでもパレット」
参照:http://www.housetec.co.jp/products/kitchen/kanarie/pallet.html 「どこでもパレット」

オーダーキッチン モーリーコーポレーション

オーダーキッチン モーリーコーポレーション
参照:http://cucinastyle.jp/

もともとモーリーコーポレーションは造作家具を作るメーカー。家具のようなキッチンを作り続けるオーダーメイドキッチンメーカーです。キッチンの扉や木目の種類も幅広く取り揃えてあり、国産製品なのでメンテナンスもしっかり対応。値段は工事費込みで200万位からそろっています。

人気のオーダーメイド【クチーナ(CUCINA)】

「料理を楽しみ家族がコミュニケーションを深めるスペース」をコンセプトに、システムキッチンを中心としたトータルインテリアが楽しめるのがクチーナの特徴。基本的なモジュールはありますが、サイズやカラー、オプションまでカスタマイズが可能。基本モジュールを用意するこで、価格もリーズナブル。

リノベーションに関するご相談・会社紹介はこちら

ここでは、キッチンに関する様々な情報を掲載!素敵にリフォームしたキッチンリフォーム事例も必見です!

  • キッチンリフォームのポイント

    point01

    キッチンリフォーム基礎

    キッチンは住まいのなかでもっとも心地よい空間にしたいもの・・・

    read more

  • キッチン事例01 リフォームで家事動線の改善!

    case01

    キッチンの動線改善!

    毎日、使うキッチンだからこそ、家事動線をリノベーションで解決したい...

    read more

  • キッチン事例02 開放的なLDKで家族の会話が弾むリノベーション

    case02

    会話が弾むキッチン

    家族が集まる場所だから、開放的な空間にしたい!広いLDKでキッチンを・・・。

    read more

  • 形から選ぶ快適キッチン

    point04

    形から選ぶキッチン

    キッチンリフォームでは収納や導線以外に、キッチンの形や設置する・・・

    read more

  • 住み継がれる快適な住まい

    case03

    住み継ぐ家・快適キッチン

    築40年の実家を子供たちの世代まで残し続けたいという思いから・・・

    read more

  • キッチンリフォーム費用の相場

    point05

    キッチンリフォーム費用

    キッチンリフォームで、気になってしまう「リフォーム工事費用」を徹底解説・・

    read more

  • 趣味を満喫する大空間の住まいキッチンリフォーム

    case04

    趣味のキッチンリフォーム

    奥様の趣味や家族の要望を反映させたキッチンや広々空間が光るこだわり事例・・

    read more

  • ガスキッチンとIHキッチンはどっちがお得?

    point06

    ガスとIHお得なのは?

    キッチンに欠かせない「コンロ」。ガスとIHでお得なのは・・・

    read more

  • キッチンリフォームはワークトップ選びも重要!

    point07

    ワークトップ選びも重要

    キッチンリフォームを検討する場合、ワークトップ(天板)選びも重要です。

    read more