1. HOMEHOME
  2. 劇的に変わる!間取り変更リノベーション特集

間取り変更で劇的に変わる!リノベーション特集

~間取り変更の魅力をお伝えします!

間取り変更とは、間仕切りの壁を取り払い広々とした空間をつくり上げるなど、既存の間取りを使い勝手を考慮して、大きく変更するリノベーションです。
複数の部屋を1つにすることはもちろん、1つの部屋に間仕切りを追加して複数の部屋にする等、劇的に間取りを変更させたリフォーム事例を元に、皆さんが気になるポイントや注意点などをご紹介します。

間取り変更でかなえられる快適空間

間取り変更で人気なのは、リビングを拡張することや、子供の成長にともない部屋数を増やすリフォームが人気のようです。そんな人気の間取り変更についてご紹介します。

「部屋を増やしたい」場合は、間仕切りを設置する

家族構成の変化やライフスタイルの変化によって、部屋数が不足していると感じるご家族は多くいらっしゃいます。 そんなとき、1つの部屋に間仕切り壁を設置するという間取り変更のリフォームの方法があります。 間仕切り壁を取り付けることで、部屋は2つに仕切られることになり、簡単にプライベートな個室を増やすことが 可能となります。その際のコツは、間仕切りをパーテーションのように引き戸タイプのものにすることで、 仕切ることも開放して1部屋として使用することも可能です。

狭いリビングをLDKとしてひとつにまとめる

古いマンションや一戸建てなどでは、リビング・ダイニング・キッチンそれぞれが独立して分かれている間取りも多いようです。 独立していることでのメリットよりも「狭い」「暗い」などのデメリットが目立ってしまうもの。そんな空間を1つ「LDK」として間仕切りを取り払い大空間へ間取り変更することで、開放感が生まれ明るさも確保できるでしょう。 ここでLDKへ間取り変更した驚きの事例を簡単にご紹介します。

リビング Before & After

[DATA] 築24年 中古マンションを購入 構造:RC造

大胆な間取り変更の事例です。特徴はキッチンの位置を大幅に変更し、玄関から繋がるR壁。
視界も広がり、正に広々LDKへの間取り変更に成功した事例です。

リノベーション前、リノベーション後

リノベーション前、リノベーション後

リビング Before & After

家事の効率化を図るために、水廻りを一カ所に集めたい

トイレ・浴室・キッチンなどの水廻りを一か所に集中することで、日々の掃除や洗濯などの家事が効率良くできると 人気です。何より、生活するのに欠かせない水廻りなので快適に使える間取りを検討することも、生活の質を上げるのに 一役かってくれることが間違いなしです。水廻りの移動は配管や殿筋工事なども関係するため費用がかさむ工事の代表例です。 費用を抑える方法をしっかりリフォーム会社に相談することもポイントです。

このように間取り変更のリフォームをすることで、家族構成の変化に対応した間取りとなるため使い勝手が改善します。 さらに、リフォームの際に間取りだけではなく、設備や壁材などの建材も検討できるため、機能性の改善にも繋がります。
「間取り変更」であなたのライフスタイルに合わせた快適な住まいへリフォームしてみてはいかがでしょうか。

【間取り変更】のリフォーム事例を見る

戸建てとマンションでの間取り変更のポイント

戸建ては、建物の構造や工法によって間取り変更の難易度が変わります。

戸建ての間取り変更をご検討の際は、いちどチェックしておきましょう。

■木造軸組工法
ほとんどのリフォーム会社が対応でき、間取り変更をしやすい工法です。

■ツーバイフォー(2×4)工法
壁で家を支える工法のため壁の撤去が難しく、間取り変更をする場合は、2×4工法をよく理解しているリフォーム会社を選定することがポイント。

■鉄筋コンクリート(RC)工法
RC造には、柱と梁で支える「ラーメン構造」と、壁と床で支える「壁式構造」があり、ラーメン構造の方が間仕切りを取り除くことができるため、間取り変更も容易に行えます。

■鉄骨工法
鉄骨工法には、重量鉄骨造と軽量鉄骨造があります。重量鉄骨は軽量鉄骨と比べて自由度が高く、構造に影響のない範囲で間取り変更が可能です。軽量鉄骨は建物を支える耐力壁の移動が難いため間取り変更の難易度は非常に高めです。

マンションは、管理規約に従い事前確認が重要です。

リフォームする場合は、管理規約に則り、どこまで間取り変更できるのか管理組合やオーナーへ事前に確認することから始めましょう。 一般的には、玄関やドア・窓は共用部に当たるためリフォームできない場合が多いようです。さらに専有部分であっても 隣家との仕切り壁や上下階を分ける床などの構造体に関わる部分のリフォームは表面(クロスや床材の張り替え)以外は不可能と考えた方が間違いありません。 しかし室内であれば、構造に影響のない範囲で間取り変更を自由に行えます。
主な構造は、RC造と同じです。ラーメン構造のマンションは間仕切りを移動させることも可能なため自由度は高いことも特徴です。

水回りの移動には様々な制約がありますが、「二重床」や「二重天井」などの床下や天井裏に空間のある場合は、 その空間に給排水管や電気配線を新たに通すこともできるため、移動させることも可能です。

間取り変更の費用とコストダウンのポイント

間取り変更にかかる費用はどのくらいかご存知でしょうか。
戸建てをフルリフォームする際に間取り変更を含めた費用は、20坪で約800万円。マンションでは40㎡で約600万円程度です。 もう少し詳細に考えると、壁の撤去だけでも、壁の他に床や天井などの補修が必要となります。その補修内容 によって費用が大きく変わります。

ここでは、そんな間取り変更にかかる費用について、代表的な目安価格をご紹介します。 あくまで参考としてご覧ください。

●間取り変更で最も多い工事の1つ、隣の部屋と繋げて大きな空間を作りあげる際の目安の費用感

D+K+L→LDKへ(16帖程度) 100~300万円
壁の撤去と簡単な補修 25~40万
リビングとダイニング(洋室)を繋げてフローリング・壁・天井を全張り替え(12帖) 40~70万

*上記2つの工事内容は一例となります。その他に付帯工事費は含みません。

●部屋数を増やすために、間仕切り壁を設置する工事の目安の費用感

間仕切り壁の設置 5~25万円
壁とドアの取り付け 10~22万
引き戸の取り付け 10~15万
ロールスクリーンの取り付け 5~8万

上記以外にも、間取り変更により水回りを移動するなどの場合は、追加費用がプラスでかかります。
あくまで目安価格と考え、ご自身の希望と予算にマッチする内容を提案してくれるリフォーム会社を探すこともポイントです。

コストダウンのポイントをおさえて賢くリフォームしましょう。

まずは以下の工事が含まれていないかをチェックし、手間のかかる工事を避けることがコストダウンのポイントです。手間のかかる工事とは以下のようなものが代表例としてあります。

●水回り(キッチン、浴室、トイレなど)の移動
●階段の位置を移動する
●階段の段数を増やす
●廊下を広げる
●間仕切り壁を撤去する

なぜ上記の工事で費用がかさむかというと、水回りの移動を含むリフォームでは、給排水管や 電気配線なども合わせて動かすことが必要なため、その分費用がかさみます。階段の移動・階段の段数を増やすことは、階段周りの内装・構造に手を入れる必要があり、階段本体の費用以外に階段周辺の工事費用が加算されます。 壁の撤去などは、撤去したい壁が建物の重量、ならびに耐震性能を維持するために必要な耐力壁である場合も多く、構造計算や補強工事が必要となります。結果としてその分の費用がかさみます。 上記のような費用がかさむ工事が必要な場合は、よくリフォーム会社に相談して、 費用を抑えたリフォームの提案をしてもらうようにしましょう。

間取り変更の際に注意すべきポイント

思うままにどんな家も間取り変更が自由にできるわけではありません。
ここでは、そんな注意点についてまとめました。

撤去できない壁=耐力壁がある

家を壁で支える構造の場合は、撤去してしまうと家自体の構造が崩れてしまうため、自由に壁の撤去は行えません。 基本的に耐力壁と呼ばれる、構造上、とても重要な壁は撤去できないと認識しておきましょう。 そのような理由から、完全に1つの空間にしたいと考えていても、リフォームする家の構造上の問題で、 取り除けない壁が出てしまうことは理解することが必要です。

間仕切りを設置する場合は、生活動線や収納計画、電気配線にも注意

間仕切りを増やすということは、今まで通り抜けられた空間が分断され、障害物が増えるということです。 その為、別の部屋を迂回するなど余計な動線にならないよう、設置する間仕切りの位置はよく検討することが必要でしょう。 また収納も重要な要素となります。もともと1つの部屋を2つに分ける時は、両方の部屋に収納が設置できるような工夫が必要となります。 既存のクローゼットが分けられない場合は、新しく設置する間仕切りを収納として利用できるよう工夫することもポイントです。 忘れがちなのがコンセントや照明を増設すること。既存の1部屋を区切った場合、使いにくい位置にコンセントが来ることも多々あります。両方の部屋で使えるように電気工事は、コンセントの位置・高さ・照明スイッチの位置などしっかり検討しましょう

成功する間取り変更のポイントとは【生活動線】を考慮した 間取りにすること

部屋の広さや、必要な部屋数を確保することだけを考えて間取り変更を行うのではなく、大切なのは「生活動線」 を意識することです。生活動線に無駄のない間取りとすることで、無駄な動線が生まれず最短距離での移動が可能となります。 特に家事動線を意識して考えることで、無駄な時間も省くことができます。スムーズな動線が暮らしを快適にすることは間違いないでしょう。

また動線以外にも日常生活に必要な、採光や冷暖房に配慮しましょう。採光を確保するために窓の位置や大きさを工夫することはもちろんですが、あわせて断熱性能に優れた窓(サッシ)に交換する、床・壁・天井などの断熱材も強化するなど、性能面での快適性を考慮することが非常に重要となります。

【間取り変更】のリフォーム事例を見る

間取り変更で不満点を解消!事例をご紹介します

[事例1] DK+居間の間仕切りを取り除き、広々LDKへ間取り変更

築年数:築--年 住宅の種類:中古戸建て 構造:木造在来工法、2階建

「実家の近くに住む」ことが第一条件だったので、条件に合った中古住宅を購入されたお施主。
ライフスタイルや好みのナチュラルテイストに合わせてリノベーションした実例をご紹介します。

リノベーション前に、耐震診断を行い構造的な問題を確認。取り除けない柱等もあり化粧張りと組み合わせることで、インテリアのアクセントとして大変身しました。
そんなLDKの成功例をご紹介します。

DK+居間の間仕切りを取り除き、広々LDKへ間取り変更

DK+居間の間仕切りを取り除き、広々LDKへ間取り変更

家族みんなで料理ができるように、キッチンをアイランド式にし作業台として使えるスペース も考慮したキッチンスペースに変更

DK+居間の間仕切りを取り除き、広々LDKへ間取り変更

DK+居間の間仕切りを取り除き、広々LDKへ間取り変更

全体的に自然素材を使い、シンプルながら、温かみのある空間をつくり上げました。

DK+居間の間仕切りを取り除き、広々LDKへ間取り変更

DK+居間の間仕切りを取り除き、広々LDKへ間取り変更

リフォーム会社:株式会社アイジーコンサルティング FULL HOUSE浜松

この事例の詳細を見る

間取り変更のリフォームを得意とする会社をハウスネットギャラリー事務局(専門家)が選りすぐってご紹介いたします!探す手間もかからず、専門家のおすすめ会社へまとめて見積り依頼できちゃいます!ご利用は無料です!

リノベーション会社選びについて相談する

[事例2] 大空間に間取り変更した戸建リノベーション 「格子間仕切りの家」

5人家族のライフスタイルに合わせて、動線や間取りを大きく変更したリノベーション
大きな変更点は、3人のお子様もいるため、朝の時間を少しでも有意義に使えるよう洗面スペースを2つ設けたこと
また、LDKから繋がるワークスペースも完備し、家族間のコミュニケーションを意識した、広々LDKへの改善も魅力の1つ。間取り変更も大成功したお客様満足度の高いリノベーション事例をご紹介します。

大空間に間取り変更した戸建リノベーション 「格子間仕切りの家」

大空間に間取り変更した戸建リノベーション 「格子間仕切りの家」

今回の間取り変更のポイント

●ご家族のライフスタイルにあわせた、開放的な間取りに変更
そのために、2階のLDKにも工夫がされています。「格子の間仕切り」をダインイングとリビングの間に設けることで、圧迫感のない適度な空間のつくりあげました。

大空間に間取り変更した戸建リノベーション 「格子間仕切りの家」

大空間に間取り変更した戸建リノベーション 「格子間仕切りの家」

大空間に間取り変更した戸建リノベーション 「格子間仕切りの家」

今回のお住まいは大胆な間取り変更と併せてキッチンや浴室等の水廻りも大きく変更しています。
その中で浴室を移動する際に注意点をいくつかご紹介しましょう。

<浴室の位置には要注意>
開放感を求めて、窓を大きくしたはいいものの、道路や外からの視線が気になってという声をよく聴きます。
そこで以下に注意してみましょう。

  • 外からの視線を考慮して、浴室の位置を考慮しているか。
  • 近隣の住まいからの視線も考慮しているか。
  • 照明器具の取り付け位置は、窓側の壁にするとシルエットが写り込みにくい

大空間に間取り変更した戸建リノベーション 「格子間仕切りの家」

リフォーム会社:デザイナーズリフォームAwn ( 有限会社セレナ)

この事例の詳細を見る

間取り変更のリフォームを得意とする会社をハウスネットギャラリー事務局(専門家)が選りすぐってご紹介いたします!探す手間もかからず、専門家のおすすめ会社へまとめて見積り依頼できちゃいます!ご利用は無料です!

リノベーション会社選びについて相談する

【間取り変更】のリフォーム事例を見る

一括見積り実績豊富なリフォーム会社へまとめて見積り依頼無料

築年数別!リノベーション特集

ここでは、各築年数でリノベーションする際のポイントや注意点をご紹介します。お住まいの築年数で戸建・マンションを選ぶとそれぞれのポイントがご覧いただけます。あなたにぴったりの会社を見つけるきっかけにぜひご覧ください。