1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. 中古マンションについて
  4. 中古マンションの購入とリノベーションの注意点

中古マンションの購入とリノベーションの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンションは新築マンションの購入に比べれば非常に費用が安く済みます。
近年、リノベーション済みのマンションは安価でも、工夫を凝らしてカスタマイズされていて、なおかつ高機能、おまけにセンスも良い、ということことで人気が非常に高まっています。
ここでは、中古マンションのリノベーションについて、注意点などを含めて説明してみます。

中古マンションの購入とリノベーションの注意点

リノベーション向け中古マンションってなあに?

リノベーション向け中古マンションとは、築年数が経過していて、リノベーションを行なうことで価値を高められる可能性を持ったマンションです。近年、この手法で中古住宅を購入する人が増えています。
マンションは土地の購入費や躯体工事、基礎工事に大きな費用が掛かり、各々の部屋がすべて統一されたデザインで、建築コストが抑えられています。住宅設備などは日進月歩で、バス・トイレ・システムキッチンなどもどんどん進化し、新しいマンションに人気が集中します。
しかし、レトロな感覚を残し、最新の住設を搭載し、通常のマンションには無いカスタマイズを行えることと、新築よりも安価に購入できることがリノベーションマンションのメリットとなります。

管理組合の制限があることに注意!

中古マンションでリフォームを行なう場合、管理組合の許可が必要となり、リノベーション済みのマンションの場合も当然、管理組合の許可が取られているはずです。

マンションのような不特定多数の人が住む住宅の場合、騒音対策としてフローリングに使用される床材の制限などがあります。さらに、小さな修繕であっても、騒音が気になることから、理事に届けを出すことが必須です。
リノベーションを行なった場合、その修繕に当たった業者も管理組合に届け出て、その後の修繕やメンテナンス等の作業で必ず管理組合の了承を受けた後、使用する材料や工程などを予め伝えておく必要があります。
また、近隣とのトラブルを避けるために必ず、挨拶をしておくことが大切です。

リノベーションする時に費用が大きくかかる中古マンションの特徴は?

リノベーションは、一般に通常のリフォームよりも費用が大きくなる傾向があります。

リノベーションの中古マンションを購入する際の注意として、次のようなことがあります。
地方では、中古マンションは価格の下落が激しくなります。しかし、リノベーションマンションとなると、付加価値が付くため、現状で購入するよりも価格が高くなることは間違いないです。築25年以上のマンションの場合、建築構造が古く、大規模な修繕が施されていることもあり、コストパフォーマンスが高くなることが多いです。
問題となるのは、現状で販売される価格とリノベーション後の価格の差です。新築物件よりも安ければ安価であると感じる人も多く、錯覚を起こすことがあります。
リノベーションマンションを購入する場合、中古マンションやリノベーションの相場を十分に調べて購入することが重要となるでしょう。

住宅情報サイト ハウスネットギャラリー事務局住宅情報サイト ハウスネットギャラリー事務局

住宅情報サイト 
ハウスネットギャラリー事務局

リノベーションの様々な疑問や不安にお応えする総合情報サイト『ハウスネットギャラリー リノベーション』では、役立つコラムを公開しております。専門的な内容から皆様が少し気になる情報まで、様々なジャンルのコラムをご覧いただけます。
困ったときはお気軽にご相談ください。こちらでは中立的に専門家がアドバイスさせていただきます。
「無料」 まずは、専門家に相談してみましょう!

コラム一覧へ戻る

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例