1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. マネーと法規の基本
  4. 無理なく返せる額とライフプランに合わせた選び方~リフォームローンの注意点

無理なく返せる額とライフプランに合わせた選び方~リフォームローンの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームローンを検討する際、いくら借りられるか、気になると思いますが、借りられる額=無理なく返せる額、とは限りません。
今回は、長い目で見て無理なく返せるための考え方について解説します。

1. 無理なく返せる額を知ろう~借りられるローンの金額とは?~

リフォームローンの審査をする際、借りる人の年収や年齢、信用情報などのほか、返済負担率も考慮されます。返済負担率とは、年収に占める年間返済額の割合のことで、各金融機関によって、年収の20~40%で設定されています。

例えば、「年収400万円未満:返済負担率30%以下、年収400万円以上:返済負担率35%以下」という金融機関で、年収500万円の人が借りた場合、500万円×35%= 年間返済額175万円(月額約14.6万円)以内に納まるように、借入額を設定する必要があります。仮に金利3%、返済期間10年と考えた場合の借入額目安は約1500万円、金利5%になると1370万円くらいまで借りられる、ということになります。

けれども、借りられるとはいえ、年収500万円の方が、毎月15万円近くローンの返済をするのは、なかなか大変だと思います。
「借りられる額」ではなく「無理なく返せる額」を意識するようにしましょう。

なお、返済負担率を計算する際、年間返済額の中には、今回借りるリフォームローン以外、返済中のローンも含まれるので、注意が必要です。
住宅ローンが残っている方、マイカーローンや教育ローン、カードローン(キャッシング)などを利用している方は、現在のローン残高を確認し、完済できるものがあれば、整理することをお勧めします。

2. ライフプランを考える

リフォームローンは、将来にわたって無理なく返済ができるかどうかが大切です。
そのため、毎月の返済額だけでなく、返済終了時の年齢や住まい以外にかかる費用とその時期など、人生全体を見渡してチェックをする必要があります。

例えば、(図)のようなライフプランを作り、「定年退職後、年金生活になったら、老後の生活は大丈夫だろうか?」「(中古住宅を購入してリフォームするなど、若い世代の場合)お子さんの教育費がかさむ時期は大丈夫だろうか?」など、大まかな数字でいいので、シミュレーションしてみましょう。リフォーム後も、屋根や外壁など、定期的なメンテナンス費用も盛り込んでおくとさらに安心ですね。

図:ライフプランとリフォーム費用(例)
ライフプランとリフォーム費用

★リフォームローンについてのご質問やご相談はこちらよりどうぞ ↓
FPオフィス Life & Financial Clinic(LFC)(外部リンク) 担当:ファイナンシャルプランナー CFP(R) 平野直子

★ご家族構成やライフスタイルによって家づくりやリフォームはさまざまです。ファイナンシャルプランナーとして、あなたの人生の設計図(ライフプラン)をつくるお手伝いをさせていただきます!
夫婦のお悩み、将来についての疑問・質問等お気軽にご相談ください♪

お問合せはこちら
■電話 →  03-3231-6113 まで
■メールによるご相談(無料) →  info@mylifeplan.netまで

ご質問はお気軽にお寄せください。こちらからどうぞ

ファイナンシャルプランナー 平野 直子ファイナンシャルプランナー 平野 直子

ファイナンシャルプランナー 
平野 直子
ネクスト・アイズ株式会社

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの平野直子と申します。
住まいを建てる際、まずは設計図を作ると思います。家づくりの基本となる設計図には、ご家族構成やライフスタイル、どのような暮らしをしたいのかなど、お客様の夢がぎっしり詰まっていることでしょう。
私たちファイナンシャル・プランナーが作る「ライフプラン」は、人生の設計図です。お客様とご家族の現状や、将来どのような暮らしをしたいのかなどを伺いながら、住宅資金、教育資金、老後の暮らし方など人生全体を見渡して、生涯貯蓄が尽きることなく安心して暮らせるためのアドバイスをいたします。ご夫婦で相談にいらっしゃるお客様には、私たちも夫婦FPで面談させていただきます。ご主人の立場、奥様の立場にたってアドバイスをすることができますので、大変好評をいただいております。どうぞお気軽にご相談ください。

コラム一覧へ戻る

物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例