1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. 中古マンションについて
  4. スケルトンリフォームをするなら、間取り自由度の高いマンションを選ぼう

スケルトンリフォームをするなら、間取り自由度の高いマンションを選ぼう

このエントリーをはてなブックマークに追加

中古マンション購入+リフォームするなら、手ごろな値段で理想の家づくりが可能です。

スケルトンリフォームのメリットは、思い通りの間取りが作れるところにあります。
例えば巨大なワンルームにして間仕切りは可動式の家具で造作、生活スタイルの変化や生活シーンにあわせて間取りを自分で変えていくといったようなことも可能です。

しかし中には思ったように間取り変更ができないマンションもあります。どうせスケルトンリフォームをするなら、そのメリットを最大限に活かせるマンションを選びましょう。

スケルトンリフォームに適したマンションを選ぶコツとは

スケルトンリフォームに適したマンションとは

まずは構造を確認しましょう。

マンションの構造には大きく分けて2種類あり、柱と梁で構成された間取りの自由度が高いラーメン構造と呼ばれるものと、コンクリートの壁で構成された壁式構造があります。壁式構造は低層マンションでよく見られ、コンクリートの壁はマンションを支えている構造部分のため動かしたり穴を開けたりすることができません。

壁式構造のマンションの場合、スケルトンリフォームをしても、動かせない壁があって大きな空間が作れない、部屋が細かく分かれてしまう、浴室を大きくできないといったようなことが起きる可能性があります。
せっかくスケルトンリフォームをするなら、間取り自由度の高い【ラーメン構造】のマンションを選べば、理想の間取りを作りやすくなります。

またチェックしておきたいのが、スケルトン状態にした際の、コンクリートの床面から天井面までの高さです。

水まわりの移動距離は、基本的に床下の空間の高さに依存しています。マンションではキッチンや浴室などの水まわりの排水は、床下の排水管を通って、パイプスペースと呼ばれる共用の縦排水管に繋ぎこまれています。水まわりを移動する際は、そこへ向かって排水の勾配をきちんととることが重要で、距離が離れれば離れるほど床下の高さが必要になります。
同じように天井裏に空間があれば照明器具を移動しても配線が隠せますが、空間が無ければ配線は露出になります。

実際にあったケースで、天井が高いので安心していたら、実は床下と天井裏に空間が無いせいだった、水まわりを移動させるための床下空間を作ったら天井が低くなり、狭く感じるようになったということもあります。

スケルトンリフォーム向きかどうか、マンション選びの段階で確認を

満足のいくスケルトンリフォームにするためには、マンションを選ぶ段階で上記に挙げたような構造なども確認しておきたいもの。できれば専門家に相談し、確認してもらえば安心です。
最近では購入の段階でリフォーム向きの中古物件を紹介してくれたり、工事会社選びについてもアドバイスをしてくれたりするワンストップサービスがあります。

専門家の力を上手に借りて理想の住まいを目指しましょう。

・専門家に相談して安心!物件購入からリフォーム会社探し・ローン相談まで、窓口1つで対応!詳細はこちらから
中古マンション購入×スケルトンリフォーム ワンストップサービス

一級建築士 Yuu一級建築士 Yuu

一級建築士 
Yuu

一級建築士事務所OfficeYuu 代表 Yuu
 一級建築士、 インテリアコーディネーター、住宅リフォームコンサルタントとして、今まで30年、数多くの現場やインテリアのご相談、プラン設計、工事にかかわり、人の思いや力の大切さを学んで参りました。

 本当に幸せになるリフォームとは、新しい暮らしを作る「リライフのリフォーム」を信条に、講演や執筆、人材育成研修などを通し、消費者と事業者の両方が幸せであるよう、両者をつなぐかけ橋となるべく奔走しています。
著書  「リフォームはこうしてやりなさい」(ダイヤモンド社)
新聞・雑誌・web 執筆
 ・「毎日新聞「Yuuの住アドバイス」連載中
 ・All About リフォームのオフィシャルガイドとして執筆中  等 実績多数!

コラム一覧へ戻る

物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

一括見積り実績豊富なリフォーム会社へまとめて見積り依頼無料

トラブル注意!リノベーション事例