1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. 基本!賢くリフォームするために
  4. リフォーム会社選び~ 注意すべきはリフォーム工事費用

リフォーム会社選び~ 注意すべきはリフォーム工事費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、お住まいの家をリフォームする、中古住宅を買ってリフォームするなど、リフォームを思いたった状況からリフォーム・リノベーションの予算を考えるとき、おおまかな目安として、平方メートルあたりの工事料金で考えてみると、おおよその予算感がつかめます。

 ■工事料金の最多価格帯は [平方メートルあたりおおよそ10万円~15万円]
  ※解体料金や諸経費を除く。

注意すべきは、リフォーム工事料金

上記のボリュームゾーンについては、いくつかの例外があります。以下のようなリフォーム工事料金には注意が必要です。

 例)最も多いのは「工事単価を安く」表示しているリフォーム会社

まず、安い単価で見込み客を集め、安い単価のままではキッチンやユニットバス、トイレの仕様が選べなかったり、間取り変更など表示されていない工事は別料金だったりと、たくさんのオプションでリフォーム工事代金をつり上げていくパターンです。
この場合、満足いくリフォーム・リノベーションでプランを進めてみたら、最初に提示された工事料金から大きく上回ってしまったと、ということがあります。

 例)キッチン・ユニットバス・トイレ・給湯器といった水廻りなどの設備でハイグレードな設備を選んでしまった場合

平方メートルあたり工事料金単価10万円~15万円というのは、一般的に普及価格帯の商品を選んだ場合なので、高級で高額な設備を選んでしまうと、当然のことながら単価は上昇してしまいます。

例)リフォーム前の状態によっては、単価が大きく変わります

リフォーム前の状態が良くない場合、施工前の下準備で多くの手間がかかってしまうため、その分職人さんの人件費は増えていきます。特に、基礎の補強を行なったり柱や梁を入れ替えたりといった、構造にかかわる工事が発生した場合、それだけ多くの人手がかかってしまうため総額は大きく変わります。

このように、リフォーム工事費用は、状況などによって変わるため、最初に提示された金額を鵜呑みにせず、余分な費用がかかることを十分考慮して計画をすすめることが重要です。

工事費用で見分けるリフォーム会社

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

コラム一覧へ戻る

物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例