1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. 基本!賢くリフォームするために
  4. 築30年超の戸建住宅を建て替えする判断基準

築30年超の戸建住宅を建て替えする判断基準

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続き、築30年を超える住宅をリフォームするか建て替えするか。その判断基準について解説します。
今回は「建て替え」について。

建て替えの判断する際に、●●●

建て替えたほうがよい場合

◆その家を終の棲家とし、その家を承継するものがはっきりしている。

家を承継する者(子など)が決まっているならば、安心して建て替えを検討することができます。親子で資金を出し合って共有名義にするなど、法に定められた所定の条件を満たすことで、大きな節税効果も期待できます。
 ※国税庁「住宅取得等資金の贈与税の非課税」のあらまし

◆老後の資産などもしっかりと計算した上で、資金に余裕がある。

いずれ訪れる健康寿命の到来とともに、加齢に伴う要介護状態になってしまう可能性は、だれしもが抱えています。そのときに備え、当面のあいだ生活に困らない程度の資産などをしっかり計算し、資金に余裕があるときは建て替えを検討する価値があります。

◆既存の建物の確認申請が昭和56年(1981年)6月1日以前に出されたもので(旧耐震基準)、耐震改修に多額の費用がかかるということがはっきりしている。

耐震改修工事で多額の費用がかかる可能性が見込める場合、他にいくつもの住まいへの不満を抱えており、不満解消にかかるお金の兼ね合いからその場で我慢したととしても、いずれ直すことになってしまうことが多いようです。
現在の住まいについての不満が、構造、断熱、間取り、設備など、ほぼすべてに及んでいるなど、たくさんの住まいへの不満を解消するには、リフォームより建て替えのほうが、結果として安上がりに済んでしまう場合が多いようです。

◆地盤が弱く、家が傾いている。

建て替えをせず、ジャッキアップして床を水平にする工事もできますが、程度によっては、水平にするだけで数百万円のコストがかかります。古屋を解体してから、しっかりとした地盤改良工事を行ない、基礎から作り直すことで、軟弱な地盤だとしても、地震に強い建物に建て替えることができます。

◆建物の土台や柱、梁など構造に関わる部分が傷んでいる

見た目がしっかりした土台や柱だとしても、広い範囲で腐食していたりシロアリの被害があると、補修しても長持ちする構造にはなりません。

建て替えかリフォームかの判断は、専門家に相談しましょう。

現在のお住まいが上記で挙げたような状態であると、リフォームするより建て替えたほうが安上がりに済む場合が多いようです。

建て替えかリフォームか。
その見極めは素人では判断が難しいことから、住まいの専門家に現地調査を依頼することをおすすめします。

なお、構造がしっかりしていれば、傷んでいる部分の補修や住宅設備の取り替え程度のリフォームで済む可能性があります。

次回は、築30年を超える住宅をリフォームするポイントをお伝えします。

築30年の戸建住宅をリノベションした事例はこちらからご覧いただけます。
築30年のお住まいのリフォームを検討されている方は、経験豊富なリフォーム会社をご紹介も可能です。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

コラム一覧へ戻る

物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例