1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. リノベーションについて
  4. 間取り変更リノベーション!費用がかさみやすい場所って?

間取り変更リノベーション!費用がかさみやすい場所って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今住んでいる家をリノベーションして、より快適な暮らしを実現したい!こんな考えが頭に浮かんだことのある人は、少なくないのではないでしょうか。最近では大胆に間取りを変更して、空き部屋や空きスペースを有効活用する事例もあります。しかしそんな大規模な工事では費用がかかるのでは、と足踏みをしている人もいるかもしれません。費用がかさみやすい工事について知り、コストを抑えて理想の間取りを目指してみましょう。

間取り変更リノベーション!費用がかさみやすい場所って?

水回りの移動工事

間取り変更のリノベーションでは、同じようなプランに見えても費用に大きな違いが出ることがあります。手間のかかる工事にはどうしても費用がかかりがちですが、その1つが水回りの移動工事です。キッチンやトイレ、お風呂など水を使う設備を移動させるとなるとどうしても給水配管を動かす必要があり、給水配管を動かすということは古い配管を撤去し、壁の中や床下に新しい配管を取り付けるということです。必然的に床や壁の解体工事を伴いますので工事費が上がってしまうのです。また最近の水回りの設備は電気を使用していることも多く、電気配線の工事も必要になりますし、キッチンを動かすとなれば換気設備の移動もしなければならず、水回りの移動はそれに付随する工事が多いため費用がかさみがちです。

仕切り壁の撤去

ダイニングとリビングの間の仕切り壁を撤去し広々としたワンルームにしたい!という要望のある人もいるでしょうが、実はこれも費用がかかりやすい工事の1つです。そういった壁は「筋交い(すじがい)」が入っている耐力壁など構造上非常に重要な壁になっていることが多く、これを移動させるとなると新たに構造計算や補強工事を必要としてしまうためです。安易に取り除けば耐震性や強度が低下し、後々住居に歪みが生じてしまう場合もあります。そうなれば補修のために大規模な改修工事となり懐に大打撃!という状況にもなりかねませんから、極力壁や柱は動かさずにリノベーションを考えた方が得策かもしれません。また、そもそも住宅の構造によっては“撤去できない壁”もあります。

廊下や階段の幅の拡張

老後の生活を考え、廊下や階段の幅を広げたい・・・というときにも「耐力壁」の問題は出てきます。家の面積には上限がありますから、その中である部分の大きさを変えたいとなれば必然的に壁を動かさねばならず、その費用が上がってしまうのは上述の通りです。もちろん家の中の壁全てが耐力壁というわけではありませんが、比較的壁の移動がしやすい場所でも天井の解体・補修、床の解体・補修、柱の移動、梁の架け替え、新しい柱と壁の設置、と必要な工程が多く費用を押し上げてしまいます。
コストを抑えて間取り変更を実現するためには、上記のような工事を避けたプランニングをすることがポイントです。中古物件を購入してリノベーションして住む際には、大掛かりな工事を必要とせずリノベーションがしやすい間取りの家を選ぶというのも1つの手段かもしれませんね。

住宅情報サイト ハウスネットギャラリー事務局住宅情報サイト ハウスネットギャラリー事務局

住宅情報サイト 
ハウスネットギャラリー事務局

リノベーションの様々な疑問や不安にお応えする総合情報サイト『ハウスネットギャラリー リノベーション』では、役立つコラムを公開しております。専門的な内容から皆様が少し気になる情報まで、様々なジャンルのコラムをご覧いただけます。
困ったときはお気軽にご相談ください。こちらでは中立的に専門家がアドバイスさせていただきます。
「無料」 まずは、専門家に相談してみましょう!

コラム一覧へ戻る

物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例