1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. 生活・ライフスタイル
  4. ちょっとリッチなお部屋に!一人暮らしのお部屋を間取り変更

ちょっとリッチなお部屋に!一人暮らしのお部屋を間取り変更

このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋をできるだけ快適にしたいという思いは、誰しもあるものですが、家族と一緒に生活すると、必ずしも自分の希望通りの部屋にできるわけではありません。しかし、一人暮らしの場合は自分だけの空間であるため、自分の好きなように部屋を変える自由があります。一人暮らしだからこそできる、自分にとって最高に居心地の良い空間を、間取りを変更する方法によって、手に入れてみてはいかがでしょうか。

ちょっとリッチなお部屋に!一人暮らしのお部屋を間取り変更

広い収納を独り占め!収納スペースを増やしてみよう

一人暮らしの場合、生活の動作スペースをそれほど広く取らなくても良い場合があります。そのような時には、リノベーションにより、使用していない空間を収納スペースに変更して活用すると便利です。生活する部屋は広くありたいという場合にも、収納スペースを増やすことで、物の散乱や収納棚の圧迫のない、すっきりとした、より広い空間を作ることができます。外出前に、洋服ダンスをひっくり返して慌てて服を探すという人は、広いスペースを持ったウォークインクローゼットがあれば、探している服を一目で見つけられて、慌てずに服選びができるようになるかもしれません。また、クッションや座布団など、普段使用しないものをまとめて置いておける収納スペースを作っておけば、急な来客にも慌てずに対応できます。おしゃれな自分好みの部屋をキープしておきたいという人は、普段、生活感のあるものを収納スペースに全て入れておくと良いでしょう。

趣味部屋をつくってリッチな時間を味わおう

家の間取りを変更するだけで、自分だけの空間をさらに楽しむ方法もあります。たとえば、音楽好きの人は、不要な部屋のスペースを削って、そのスペースに音楽専用の部屋を作るという方法があります。大切な楽器や音楽グッズを置いたり、防音室に変更したりすれば、自分だけの本格的な音楽部屋を持つ夢が叶えられます。何かのコレクションにはまっているという人は、収集したものをいつでも眺められるように、コレクションを飾るスペースを作ってみてはいかがでしょうか。スポーツやバイクなど、趣味のために使用する用具が大きい、あるいは、多い場合には、玄関横に部屋を設けるのがおすすめです。用具を置くための小さな部屋を作ったり、外出の際に、用具を取ってそのまま玄関から出かけられるように間取り変更をしたりして、自分が使用しやすい家の造りに変えると、時間や手間の節約にもつながり、便利です。

キッチンの広さは十分?料理好きなお一人さまはキッチンを広くしてみよう

一人暮らしをしている人の中には、料理をする機会が多いという人もいるかもしれません。料理が、ただただ好きという人もいれば、節約のために自宅で料理をするように心がけているという人もいるでしょう。一般的に、一人暮らし用の住居の場合、キッチンの広さがコンパクトである場合が多いものです。あまり料理をしないという人には十分な広さですが、料理をする機会が多い人の中には、手狭に感じている人もいるでしょう。間取りの変更により不要なスペースをキッチンとして利用できるようにすれば、好きな料理を楽しむ可能性が広がります。キッチンが広くなれば、調理器具や調味料を置くスペースが増えます。料理の数が増えれば、洗い物も増えますので、シンクを広げてみるのも良いでしょう。一人暮らしだからこそ自由に楽しめる趣味を、より快適に、より満足のいく形に変更し、ちょっとリッチな自分だけ時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

住宅情報サイト ハウスネットギャラリー事務局住宅情報サイト ハウスネットギャラリー事務局

住宅情報サイト 
ハウスネットギャラリー事務局

リノベーションの様々な疑問や不安にお応えする総合情報サイト『ハウスネットギャラリー リノベーション』では、役立つコラムを公開しております。専門的な内容から皆様が少し気になる情報まで、様々なジャンルのコラムをご覧いただけます。
困ったときはお気軽にご相談ください。こちらでは中立的に専門家がアドバイスさせていただきます。
「無料」 まずは、専門家に相談してみましょう!

コラム一覧へ戻る

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

一括見積りテーマ別リノベーション一括見積り無料

リノベーションを成功させるコツは、最低でも3社の見積もりを比較すること。どの会社がいいのか迷ったという方、ここでは複数の実績豊富なリノベーション会社へ見積依頼が簡単にできちゃいます。申込はたったの3分!ぜひご利用ください。

トラブル注意!リノベーション事例