1. HOMEリノベーション HOME
  2. コラム
  3. リノベーションについて
  4. DIYリノベーションのメリット ~価格・自由度が人気のポイント

DIYリノベーションのメリット ~価格・自由度が人気のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、中古住宅を買ってDIYリノベーション(セルフリノベーション)という声をいただくようになりました。
「もっとおしゃれで快適に過ごせる家に住みたい!」と思い立った方々は、住まいをリノベーションして自分の好みにあった住まいを手に入れようとお考えになります。しかし、工事費用をはじめ、誰(リフォーム会社)に頼むと理想の住まいを手に入れられるか、その会社は自分の要望を叶えてくれるか、不安を抱える方もたくさんいらっしゃいます。

そんな中、リノベーション費用を抑えつつ快適な住まいを手に入れる方法として関心を寄せていらっしゃる方が増えているリノベーション方法が、ご自身でリノベーションを行なう「DIYリノベーション」なのです。

人気急上昇のDIYリノベーションのポイント

DIYが好きな方であれば、中古住宅を購入してDIYリノベーション。また、賃貸住宅でもDIYできる物件も少ないながらもあります。
自分自身で自分の住まいをDIYすることで、お住まいに深い愛情が生まれてくることは間違いありません。しかし、みなさまはプロの職人ではありません。したがって、DIYリノベーションにあたって気をつけなければいけないこともあります。

では、DIYリノベーションはどこまで可能なのでしょうか。今回は、自分でできるDIYリノベーションのポイントをまとめてみました。

この記事では、リノベーション・リフォーム・DIYについては、以下の意味として定義します。
※リノベーション=建物の機能を新築の状態よりも向上させて利便性を高めるため、間取りの変更を伴う大規模な工事
※リフォーム=古くなった建物を新築に近い状態に戻す
※DIY=身の回りの必要なものを自分で作ったり、修理したりすること

話題のDIYリノベーションについて

DIYリノベーションのメリット 自由度とコスパ

簡単なリノベーションは、自分たちで行なうことができる

たとえば、小さな2つの部屋をつないで1つの大きな部屋に作り替えようとする場合、材料費や作業に使用する工具などを購入する費用、ならびに工事にかけられるまとまった時間の確保、抜く予定の柱や壁が建物の構造を支える柱や壁でなければ、DIYリノベーションで壁を抜くことは可能です。職人さんの人件費がかからない分、グレードアップした壁紙やこだわりの床材なとの購入などに充てられるかもしれません。

中古住宅を購入してリノベーションでは、高いコスパが期待できる

中古住宅を購入してリノベーションする場合、DIYリノベーションにかけられる費用・時間、そして構造や防水に影響のない部分に工事箇所を限るのであれば、部屋の一部を手直しする程度の簡単なリノベーションに比べて、大きなメリットが生まれます。中古住宅の購入であれば、新築よりも物件購入価格が抑えられ、さらに自分で工事を行うことで、さらにリノベーション費用の負担を軽減できます。自分でリノベーションすることで、今後の話の種にもなることでしょう。

何より、自分のニーズに合った場所や空間を作ることができるのは、大きなメリットとなります。

次回は、デメリットについてご紹介いたします。

住生活コンサルタント 早坂淳一住生活コンサルタント 早坂淳一

住生活コンサルタント 
早坂淳一
ネクスト・アイズ株式会社

大手百貨店にてクレジットカード事業の立ち上げやポイントカードシステムの運用、全店販促支援システムの運用、売場リニューアルブロジェクトなど、新規事業を中心とした業務に従事。 その後、携帯キャリア店舗改善プロジェクトや不登校児童・生徒活動支援プロジェクト、工務店支援プロジェクトに従事したのち、工務店にて営業を経験し、現在は第三者機関ネクスト・アイズにて、住宅コンサルタントとして活躍中。

コラム一覧へ戻る

物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

一括見積り実績豊富なリフォーム会社へまとめて見積り依頼無料

トラブル注意!リノベーション事例