1. HOMEHOME
  2. イトーピアホーム
  3. 施工事例一覧
  4. 光と素材を活かした家

リフォーム東京都中央区日本橋

イトーピアホーム

戸建光と素材を活かした家

築28年鉄骨3階建てのご両親の家を受け継ぎ、快適に暮らせるようにスケルトンリフォームした事例。間取りの変更と自然素材により趣を楽しめるお住まいになりました。特にリビングは調湿効果の高いタイルを使用し、デザイン性も高いので室内のアクセントにもなります。リフォーム前は暗くて使いづらい空間もスリット形状の窓を配置することで、明るい空間へ生まれ変わりました。

戸建てリフォーム・LDK・間接照明・壁のスリット窓・無垢材フローリング・床暖房・調湿タイル

部位別ギャラリー

    外観は通路に面した南側のスリット窓がアクセントに

    ガラスブロックを通じて隣のLDKの光が入るエントランス

    2階の家族が集う広いLDK スリット窓など光が通る工夫

    ペニンシュラ型キッチンから、リビングの家族を見渡す

    3階のサニタリー 忙しい朝にも安心のダブルシンク

    トイレ

    明るい階段は、いかに活用できるかがポイント

    この事例に関連するリフォーム事例テーマ

    お客様の声

    両親が住んでいた築28年鉄骨3階建ての住宅を受け継ぎ、鉄骨住宅で構造がまだしっかりとしていることから家族4人が快適に暮らせる家にリフォーム。

    これまで部屋が暗く使いづらかった間取も、子どもたちの部屋をつくるために大きく変更しました。こだわりのポイントは、部屋全体が明るく開放的に感じられる間取りの工夫と、自然素材をつかっていただいたことです。

    担当者の工夫したポイント

    素材づかいでは、家族が集まるリビングのフローリングには無垢材を、キッチン・ダイニングの床にはタイル。床暖房をつけ冬場もあたたかです。
    リビングルームの壁にはアクセントも兼ね、調湿タイルを使用しました。このタイルは、土を高温で焼き固めた自然素材、木材のような調湿機能を持っており、湿気だけでなく、臭いも吸収しデザインも高い優れものです。また、明るさを出す工夫として、壁などは極力少なく、壁となる場所には光がこぼれるようにスリットのデザインすることで階段も明るく、2階からも光がもれてくるような工夫をこらしました。さらにキッチンとエントランスをつなぐ壁には、ガラスブロックをつかうことで、光を効果的に反射し、なおかつ空間を広く魅せるようにと計算されたつくりとなっています。

    そして、老朽化が進んだ外観はジョリパッド(砂壁状塗材)吹き付け仕上げて落ち着きのある雰囲気にしました。プライバシーを保ちつつ光を効果的に室内に取り入れるため、スリット形状の窓へ大胆に変更したこともこだわった点です。

    リノベーションDATA

    物件種別 一戸建て
    工事年度 2011年
    所在地 東京都江東区
    構造・工法 鉄骨3階建
    工事期間 90日間
    築年数 28年
    総費用 2,000万円
    施工規模 176m2
    仮住まい 無し
    工事内容 スケルトン/間取り変更

    イトーピアホームの事例一覧に戻る

    物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

    一括見積り実績豊富なリフォーム会社へまとめて見積り依頼無料