ミニマムモダンを追求したセカンドリビングのある家へリフォーム|戸建てリノベーション施工事例
  1. HOMEHOME
  2. 大熊工業(KAJA DESIGN)
  3. 施工事例一覧
  4. ミニマムモダンを追求したセカンドリビングのある家へリフォーム

リフォーム東京都武蔵野市吉祥寺本町

大熊工業(KAJA DESIGN)

戸建ミニマムモダンを追求したセカンドリビングのある家へリフォーム

リゾートホテル空間がポイントの一戸建て全面改修。庭との繋がりを大切にした1階リビングは全面開放できる特注サッシを取り入れ、さらにダイニングとの間仕切りも可動式にするなど使い分けが楽しみな大空間。また2階セカンドリビングは、タイから輸入したタイルを敷き詰めシックな大人の空間を演出しています。

戸建てフルリフォーム・テラス・木製引き込みサッシ・可動扉

部位別ギャラリー

    アジアンテイストに仕上げるため、中国産の李朝建具を可動扉に使用

    サニタリー

    庭からの光と風を室内に取り込めるよう、特注の木製サッシを採用

    シックな空間に、床・壁共に輸入タイル張りのミニマムモダン

    この事例に関連するリフォーム事例テーマ

    お客様の声

    目の前のお庭が見渡せるような明るく広々とした開放的なリビングをご希望との事で、建材は小さなお子様がいらっしゃることもあり、健康を意識して自然素材を多く取り入れるようにしてほしいとのご要望でした。一方、バスタイムのあとやお休みになる前に寛ぐ空間として使っていた主寝室側の2Fセカンドリビングは、1Fとは雰囲気を変えもっと大人が楽しめるようなシックな空間にしたいとのご要望でした。

    担当者の工夫したポイント

    庭からの光と風を取り込めるよう、全面開放できる特注の木製引き込みサッシを取り入れ、奥のダイニングとの間には離宮調のすかしパネルを可動扉にして仕切れるようにしました。壁は珪藻土、床は無垢フローリングを使用し、自然素材に囲まれた明るい空間を意識しました。セカンドリビングは、床・壁共にバリから輸入したタイルを張り、随所にレリーフを取り入れ、空間とインテリアの質感のバランスにこだわって洗練されたリゾートホテルのような上質な空間に仕上げました。

    リノベーションDATA

    物件種別 一戸建て
    工事年度 --
    所在地 東京都西東京市
    構造・工法 在来木造 2階建
    工事期間 90日間
    築年数 4年
    総費用 1,500万円
    施工規模 100m2
    仮住まい 無し
    工事内容 全面改装、オーダー家具、インテリアコーディネイト

    大熊工業(KAJA DESIGN)の事例一覧に戻る

    物件購入×リフォーム会社選び ワンストップサービス

    一括見積り実績豊富なリフォーム会社へまとめて見積り依頼無料